スポンサーリンク

本文

CHAPTER 18

 

1            If the universe is expanding, it was smaller yesterday than it is today, and was smaller still last year. If we imagine ourselves moving further and further back in time, then the universe must once have been very small, indeed, and all the matter in it must have been compressed into a tiny volume.

2            The first to seriously consider such an idea was the Belgian astronomer Georges Lematre.  In 1927, he suggested that the universe began as a “cosmic egg,” which exploded violently.  The expanding universe of today would be the result of that explosion.  The Russian-American astronomer George Gamow called this explosion “the Big Bang,” and the name has stuck.

3            But when did the Big Bang take place?  If we know the average separation of the galaxies and the rate at which they are moving away from one another, it should be easy to calculate backward and see when they all came together.

4            There are several problems, though.  In the first place, it is difficult to determine just how far particular galaxies are from one another.  In the second place, it is difficult to tell just how rapidly they are flying apart.  In the third place, it is not likely that the expansion has always been proceeding at the same rate.

5            When the American astronomer Edwin Hubble first decided that the universe was expanding, he made use of the best figures he could devise for average separation, rate of expansion, and change of expansion rate with time, and decided that the Big Bang had taken place 2 billion years ago.  This estimate was met with a roar of disapproval from geologists and biologists, who were quite convinced that the Earth was much older than 2 billion years, and who insisted that the universe could not very well be younger than the Earth.

6            In the sixty years since Hubble’s first estimate, additional information has set the Big Bang further off into the past.  The figure commonly used now is that the Big Bang took place 15 billion years ago, and that the universe is therefore 15 billion years old.  This is still being debated because there are some astronomers who argue for an age of 10 billion years, and some for 20 billion.  Presumably, as more and better evidence is gathered, some decision on the matter will be reached.

7            If the 15-billion-year figure is correct, then at the time our solar system was formed, the universe had already existed for 10 billion years.

 

 

訳文

CHAPTER18

全訳

1 もし宇宙が膨張しているのであれば,今日の宇宙よりも昨日の宇宙は小さく,去年の宇宙はさらに小さかったことになる。もし私たち自身が時間をどんどんさかのぼっていくことを想像すれば,かつて宇宙は本当に小さく,宇宙の中の全ての物質は極めて小さな体積に圧縮されていたに違いない。

2 そのような考え方を初めて真剣に考察したのは,ベルギーの天文学者ジョルジュ・ルメートルであった。1927年に,彼は,宇宙は「宇宙卵」として始まり,それが激しく爆発したのだという考えを述べた。今日の膨張している宇宙は,その爆発がもたらした結果だろうというのだ。ロシア系アメリカ人の天文学者ジョージ・ガモフはこの爆発を「ビッグバン」と呼び,その名称が定着した。

3 しかし,ビッグバンはいつ起こったのだろうか。もし,星雲間の平均的な距離と,星雲がお互いに離れていく速度が分かれば,逆算していつそれら全てが(1つに)集まったかを知ることは簡単なはずである。

4 しかし,いくつか問題がある。第1に,特定の星雲がお互いに,いったいどのくらい離れているかを測定するのは難しい。第2に,それらが,いったいどのくらいの速さでお互いから離れていくのかを知るのは難しい。第3に,宇宙の膨張が常に同じ速度で進行しているとは考えにくい。

5 アメリカ人の天文学者エドウィン・ハッブルが,宇宙は膨張していると初めて結論を下した際,(星雲間の)平均的な距離,膨張する速度,時間の経過に伴う膨脹速度の変化について,考案し得る最も望ましい数値を活用して,ビッグバンは20億年前に起こったと結論を下した。この見解に対して,地質学者や生物学者から激しい非難の声が上がった。彼らは,地球が20億年前よりもはるかに古くから存在していた(←20億歳をはるかに超えている)と完全に確信しており,宇宙が地球より新しいことになってよいはずがないと強く主張した。

6 ハッブルの最初の見解から60年の間に,さらなる情報によって,ビッグバンはもっと古い時代に起こったとされた。現在一般的に用いられている数値では,ビッグバンは150億年前に起こり,従って宇宙は150億歳であるとされている。100億歳だと主張する天文学者もいれば,200億歳だと主張する天文学者もいるので,これについては今なお議論が続いている。おそらく,より多くの,そしてより説得力のある証拠が収集されるにつれて,その問題については何らかの結論に達するであろう。

7 もしその150億年という数値が正しければ,私たちの太陽系が形成された時には,宇宙は既に100億年存在していたことになる。

要約

研究によれば,宇宙は宇宙卵として始まり,激しく爆発し,今もなお宇宙は膨張し続けている。その爆発はビッグバンと命名され,一般的に150億年前に起こったと考えられているが,今なお議論が続いている。 (96字)

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事