スポンサーリンク

本文

CHAPTER 5

 

1            Sometimes the best medicine is no medicine.  It’s what doctors call a placebo.  When the problem isn’t serious, they may give it to patients instead of real medicine.  A placebo doesn’t contain any kind of medicine. It may be just a sugar pill. But when a doctor gives a patient a placebo, it often helps.

2            How does the placebo work?  Scientists say it only works if you believe that it’s real medicine.  Then, because you expect to feel better, you really do feel better, even if the pill just has sugar in it.  However, if you find out that it’s only sugar, it won’t work for you anymore.

3            The effect of a placebo is both psychological and physical.  In fact, beliefs and feelings can have physical effects on your body.  Scientists saw this in an experiment about pain.  The people in the experiment had a painful shot in their face.  Then they were given a placebo.  But they weren’t told it was a placebo; they were told it was a painkiller. Soon the people felt less pain. How was this possible? Their brains began making a natural painkilling chemical.

4            Sometimes it’s hard to understand how a placebo works.  A lot depends on the doctor and the way he or she talks to you.  If the doctor seems very certain and uses a serious voice, the placebo is more likely to help.

5            Doctors may give a patient a placebo for many kinds of problems that have no clear cause.  For example, it is sometimes given for skin problems, for headaches, or for allergies. Studies have shown that a placebo can really help in these cases. Doctors also sometimes give a placebo to people who are anxious or depressed.  There may be as much improvement after taking a placebo as after taking real medicine.

6            However, some doctors have doubts about how well a placebo really works. These doctors prefer to give real medicine, just in case.  Other doctors have a different reason for not giving placebos.  They don’t want to tell lies to their patients.  In fact, the placebo effect only works if the doctor tells a lie.  If the patient finds out the truth, how can he or she trust the doctor in the future?

 

 

訳文

CHAPTER5

全訳

1 時として,一番の薬が薬でも何でもないという場合がある。それは,医師が偽薬と呼んでいるものである。問題が深刻でなければ,医師は,患者に本物の薬の代わりに偽薬を与えることがある。偽薬は何の薬剤も含んでいない。それは,単なる砂糖の錠剤かもしれない。しかし,医師が患者に偽薬を与えると,しばしばそれが役に立つ。

2 偽薬はどのように作用するのか。科学者たちは,(人が)それを本物の薬だと信じている場合に限って効き目があると言う。そして,(人は)気分が良くなると期待しているので,たとえその錠剤には砂糖しか含まれていなくても,本当に気分が良くなるのである。しかしながら,それがただの砂糖だとわかれば,もはや効かない。

3 偽薬の効き目は,心理的効果でもあるし肉体的効果でもある。事実,(偽薬が本物の薬だと)信じ込むことや(よくなるだろうという)気持ちが身体に物理的な影響を及ぼすことがある。科学者たちは,痛みに関する実験において,これを確かめた。実験に参加した人々は,顔に痛みを伴う注射を受けた。そして,彼らは偽薬を与えられた。しかし,彼らにはそれが偽薬であるとは知らされず,鎮痛薬であると教えられた。まもなく,人々は痛みが和らいだ。どうしてこんなことがあり得たのか。彼らの脳が,鎮痛効果のある天然の化学物質を生成し始めたのである。

4 時として,偽薬がどのように作用するのか理解するのは難しい。医師と医師の話し方によるところが大きい(←多くは医師と医師の話し方次第だ)。もし医師が確信に満ちている様子で真剣な声で話せば,偽薬はより効果がある(←役立つ)ようである。

5 医師は,はっきりとした原因が分からない多くの種類の問題に対して,患者に偽薬を与えることがある。例えば,皮膚のトラブルや頭痛やアレルギーに対して,偽薬が与えられる場合がある。研究によると,偽薬は,このような症例に実際に効果があるということだ。医師は,不安を感じている人や気がめいっている人にも偽薬を与えることがある。偽薬を服用した後に,本物の薬を服用した後と同じくらいの回復が見られることもある。

6 しかしながら,実際に偽薬がどの程度効果があるのか疑問を抱いている医師もいる。このような医師は,もしもの場合に備えて,本物の薬を与える方を好む。別の理由があって偽薬を与えない医師もいる。彼らは,患者に嘘をつきたくないのである。実際に,偽薬の効果は,医師が嘘をついた場合にのみ現れる。もし患者が本当のことを知れば,この先どうしてその医師を信じることができようか(いや,できない)。

要約

偽薬には薬効成分は含まれない。しかし,本物の薬だと信じる人にはしばしば期待通りの効果が現れる。医師たちは様々な場面で患者に偽薬を与えるが,偽薬に対する不信感や倫理上の問題からそれを好まない医師もいる。              (100字)

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事