スポンサーリンク

本文

CHAPTER 7

 

1            Language experts say that in the American colonies and Britain spoken English was almost the same.  Americans began to change the sound of their speech after the Revolutionary War in 1776.  They wanted to separate themselves from the British in language just as they had separated themselves from the British in government.

2           Some American leaders proposed major changes in the language.  Benjamin Franklin wanted a new system of spelling.  His reforms were rejected.  But his ideas influenced others.  One was Noah Webster.

3            Webster wrote language books for schools.  He thought Americans should learn from American books. He published his first spelling book in 1783. Webster published The American Dictionary of the English Language in 1828.  It established rules for speaking and spelling the words used in American English.

4            Webster believed that British English spelling rules were too complex.  So he worked to establish an American version of the English language.  For example, he spelled the word “center” “c-e-n-t-e-r” instead of the British spelling, “c-e-n-t-r-e”.  He spelled the word “honor” “h-o-n-o-r” instead of “h-o-n-o-u-r” as it is spelled in Britain.

5            Noah Webster said every part of a word should be spoken. That is why Americans say sec-re-ta-ry instead of sec-re-t’ry as the British do.  Webster’s rule for saying every part of a word made American English easier for immigrants to learn.  For example, they learned to say, not wes-kit as the British do, but waist-coat as it is spelled.

6            The different languages of the immigrants who came to the United States also helped make American English different from British English. Many foreign words and expressions became part of English as Americans speak it.

7            Sometimes Americans and British people do not understand each other because of different word meanings. For example, a “jumper” in Britain is a sweater. In the United States, it is a kind of dress.  The British word “brolly” is an “umbrella” in America.  A “wastebasket” in America is a “dustbin” in Britain.  “French fried potatoes” in the United States are called “chips” in Britain.

8            All these differences led British writer George Bernard Shaw to joke that Britain and America are two countries separated by a common language.

 

 

訳文

CHAPTER7

全訳

1 言語の専門家たちは,アメリカの英国植民地と英国では口語英語はほとんど同じだったと言う。アメリカ人は,1776年のアメリカ独立戦争後,話し言葉の発音を変更するようになった。彼らは,統治において英国人から分離独立したのと同じように,言語においても英国人から分離独立することを望んだ。

2 アメリカの指導者たちの中には,言語における大幅な変更を提唱した者もいた。ベンジャミン・フランクリンは,新しいつづり方を望んだ。彼の改革は受け入れられなかった。しかし,彼の考えは他の人々に影響を与えた。その1人が,ノア・ウェブスターであった。

3 ウェブスターは,学校向けに国語の本を著した。彼は,アメリカ人はアメリカの本から学ぶべきだと考えた。彼は,1783年に最初のつづり字教本を出版した。ウェブスターは,1828年に『アメリカ英語辞典』を出版した。その辞書によって,アメリカ英語で用いられる単語の発音とつづりに関する規則が確立された。

4 ウェブスターは,イギリス英語のつづりの規則は複雑すぎると考えていた。そこで,英語という言語のアメリカ版を確立するために力を尽くした。例えば,彼は,centerという単語は,イギリス式つづりのc-e-n-t-r-eではなく,c-e-n-t-e-rとつづった。彼は,honorという単語は,英国でつづられるようなh-o-n-o-u-rではなく,h-o-n-o-rとつづった。

5 ノア・ウェブスターは,単語の全ての部分が発音されるべきだと言った。だから,アメリカ人は,英国人のようにsecret’ryではなく,secretaryと発音する。単語の全ての部分を発音するという,ウェブスターが作った規則のおかげで,アメリカ英語は,移民がより学習し易いものになった。例えば,彼らは,英国人のようにwes-kitではなく,つづられている通りwaist-coatと発音するように習った。

6 合衆国にやって来た移民たちの様々な言葉によっても,アメリカ英語はイギリス英語とは異なるものになった。多くの外国の単語や表現が,(今日)アメリカ人が話している英語の一部を成すようになった。

7 言葉の意味が異なるために,アメリカ人と英国人は,お互いに理解し合えないことがある。例えば,英国のjumperはセーターのことである。合衆国では,それは婦人服の一種(ジャンパースカート)である。英国の言葉であるbrolly(傘)は,アメリカではumbrellaである。アメリカのwastebasket(ゴミ箱)は,英国ではdustbinである。合衆国のFrench fried potatoes(フライドポテト)は,英国ではchipsと呼ばれる。

8 このようにあらゆる相違点があるので,英国人作家のジョージ・バーナード・ショウは「英国とアメリカは,共通の言語によって隔てられた2つの国である」と冗談を言ったのである。

要約

アメリカでは,独立戦争後に英語の改革が行われ,単語のつづり方が簡略化され,全ての部分が発音されるようになった。また,外来の言葉や表現も数多く受け入れられた。こうしてイギリス英語とは様々な違いが生じた。 (100字)

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事