スポンサーリンク

本文

CHAPTER 1

1            Everybody is a story.  When I was a child, people sat around kitchen tables and told their stories.  We don’t do that so much anymore.  Sitting around the table telling stories is not just a way of passing time.  It is the way wisdom gets passed along.  The stuff that helps us to live a life worth remembering.  Despite the awesome powers of technology, many of us still do not live very well.  We may need to listen to each other’s stories once again.

2            Most of the stories we are told now are written by novelists and screenwriters, acted out by actors and actresses, stories that have beginnings and endings, stories that are not real.  The stories we can tell each other have no beginning and ending.  They are a front-row seat to the real experience.  Even though they may have happened in a different time or place, they have a familiar feel.  In some way they are about us, too.

3            When we haven’t the time to listen to each other’s stories, we seek out experts to tell us how to live.  The less time we spend together at the kitchen table, the more how-to books appear in the stores and on our bookshelves.  But reading such books is a very different thing from listening to someone’s account of lived experience.  Because we have stopped listening to each other, we may even have forgotten how to listen.  We may even have stopped learning how to recognize meaning and fill ourselves from the ordinary events of our lives.  We have become solitary; readers and watchers rather than sharers and participants .

4            The kitchen table is a level playing field.  Everyone’s story matters.  The wisdom in the story of the most educated and powerful person is often not greater than the wisdom in the story of a child, and the life of a child can teach us as much as the life of a sage.

5            Most parents know the importance of telling children their own story, over and over again, so that they come to know in the telling who they are and to whom they belong.  At the kitchen table we do this for each other.  Hidden in all stories is the universal human story.  The more we listen, the clearer that story becomes.  Our true identity, who we are, why we are here, what sustains us, is in these stories.  They belong to all of us.  The stories at every kitchen table are about the same things, stories of owning, having and losing, stories of love, of power, of pain, of wounding, of courage, hope, and healing, of loneliness and the end of loneliness.             (法政大 443語)

 

 

訳文

CHAPTER 1

和訳

1 だれもが1つの物語である。私が子供のころ,人々は食卓の周りに座って自分たちの話を語った。私たちはもうそういうことをあまりしない。食卓の周りに座って話を語ることは,時を過ごす単なる1つの方法なのではない。それは,知恵が伝えられていく方法なのである。(その知恵とは)記憶にとどめておくに値する人生を送るのに役立つものなのだ。科学技術のとてつもない力にもかかわらず,私たちの多くは,今でもあまり豊かな暮らしをしていない。私たちは,互いの物語に再び耳を傾ける必要があるのかもしれない。

2 今私たちに語られる物語のほとんどは,小説家や脚本家によって書かれ,男優や女優によって演じられる,始まりと終わりのある物語であり,現実ではない物語である。私たちが互いに語り合うことのできる話には,始まりも終わりもない。それらは現実の体験に向き合う最前列の席だ。異なる時間や場所で起こったことなのかもしれないが,それらには親しみを覚える(←それらは親しい感じを持っている)。ある意味で,それらは自分の話でもあるのだ。

3 互いの物語に耳を傾ける時間がないとき,私たちは生き方を教えてくれる専門家を捜し出す。食卓で一緒に過ごす時間が少なくなるほど,店や自分の本棚に並ぶハウツー本がますます増える。しかし,そのような本を読むことは,人が実際に体験した話に耳を傾けることとは非常に異なることだ。私たちは互いの話に耳を傾けることをやめてしまったので,耳を傾ける方法を忘れることにさえなってしまったのかもしれない。私たちは,日々の生活のありふれた出来事から意味をくみ取って(←認識して)自らの心を満たす方法を身につける,ということをやめるようにさえなってしまったのかもしれない。私たちは孤独になった。共有する者,参加する者というよりむしろ読む者,観察する者になってしまったのだ。

4 食卓は水平な競技場である。だれの話でも重要である。最も高い教養と影響力のある人の話にある知恵が,子供の話にある知恵より立派でないということもしばしばあるし,子供の生活が賢人の生活と同じくらい多くのことを私たちに教えてくれる場合もある。

5 ・ほとんどの親たちは,子供たちに自分自身の話を何度も何度も聞かせることの大切さを知っており,それで子供たちは,その語り伝えの中で,自分が何者であり,どういう仲間の(←だれの)一員であるのかを知るようになる。食卓で,私たちは互いのためにそれをしている。すべての物語に普遍的な人間の物語が隠されているのだ。耳を傾けて聞けば聞くほど,その(=普遍的な人間の)物語はますます明確になる。私たちの真の姿,私たちは何者なのか,なぜ私たちはここにいるのか,何が私たちを支えているのかといったことが,これらの物語の中にある。それらは私たち皆のものなのだ。どの食卓での話も同じ事柄に関するものである。すなわち,所有,獲得と喪失についての話であり,愛,権力,苦痛,他人を傷つけること,勇気,希望といやし,孤独と孤独の終わりについての話なのだ。

 

要約

昔は人々が食卓の周りで自分たちの話を語り合ったものだ。これは知恵が伝えられていく方法であった。どの話にも普遍的な人間の物語が隠されており,我々は互いの話に再び耳を傾ける必要があるのではないか。(96字)

 

Summary

People used to tell their stories to each other, sitting around the kitchen table.  This is the way wisdom gets passed along, because the universal human story is hidden in all the stories and our true identity can be found in them.  Now we may need to take more chances to listen to each other’s stories.       (56 words)

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事