スポンサーリンク

本文

CHAPTER 3

1            Sirens make mournful sounds through the night as ambulance after ambulance comes to a stop at the emergency room of Parkland Memorial Hospital, the public  hospital in Dallas, Texas.  The emergency area is so crowded that patients’ beds line the hallways.  Anyone who does not need immediate medical attention is sent to a packed waiting area.  Men, women, and children sit silently, often in pain, waiting for hours to see a doctor.  During the day more than 350 people may cram the waiting area of the outpatient clinic, until the line extends beyond the hospital door to the sidewalk.  It is not unusual for some of these people, most of them poor, to wait ten or twelve hours to receive fifteen minutes of basic medical care.  Like all public hospitals, Parkland is underfunded, overcrowded, and overwhelmed.  Yet unlike most, it has resolved to change the way it practices medicine.

2            The man behind the change is Dr. Ron Anderson, Parkland’s chief executive officer, a practicing physician who has been influenced both by Native American wisdom about healing and by clinical experience demonstrating that patients benefit measurably when their medical treatment includes attention to their emotional needs.

3            Following Ron Anderson on his rounds with medical students, I listen as he stops at the bedside of an elderly woman suffering from chronic asthma.  He asks the usual questions: “How did you sleep last night?”  “Is the breathing getting any easier?”  His next questions surprise the medical students: “Is your son looking for work?”  “Is he still drinking?”  “Tell us what happened right before the asthma attack.”  He explains to his puzzled students, “We know that anxiety worsens many illnesses, especially chronic conditions like asthma.  So we have to find out what may be causing her incidents of stress and help her find some way of coping with it.  Otherwise, she will land in here again, and next time we might not be able to save her.  We cannot just prescribe medication and walk away.  That is medical neglect.  We have to take the time to get to know her, how she lives, her values, what her social supports are.  If we don’t know that her son is her only support and that he’s out of work, we will be much less effective in dealing with her asthma.”

4            Modern medicine, with all its extraordinary technology, has accomplished wonders, but Anderson believes that caring is also a powerful medicine.  The most striking example of his emphasis can be seen in Parkland’s neonatal intensive care unit.  Like hospitals across the country, Parkland is dealing with a sharp increase in premature and low-birth-weight babies.  The hospital employs the latest technology to keep those infants alive, but saving them, Anderson says, is not enough.  Equally important is promoting the emotional connection between parent and child.  Scientific research has shown that without human contact, a baby will become weaker and its normal development will be restricted.  Babies need to be touched.(昭和薬科大 492語)

 

17.asthma「ぜんそく」  31.neonatal intensive care unit「新生児集中治療室」

 

 

訳文

CHAPTER 3

和訳

1 テキサス州ダラスにある公立病院,パークランド記念病院の救急処置室に,次から次へと救急車がやって来るので,サイレンが夜通し悲しげな音をたてている。救急処置の場所は非常に混雑していて,患者のベッドが廊下に並んでいる。早急な治療を必要としない者はだれでも満員の待ち合い所に行かされる。大人の男女や子供たちは,医師に診てもらうために,しばしば痛みに苦しみながら何時間も黙って座って待っている。昼間は,350人以上の人たちが外来患者の待ち合い場所に詰めかけることがあり,しまいには,その列が病院の入り口を越えて歩道にまで伸びてしまう。・この人たちはほとんどが貧しいのだが,中には15分間の最低限の医療を受けるために10時間から12時間待つ人がいることも珍しくない。すべての公立病院と同様,パークランド記念病院は十分な財源がなく,混雑しすぎで,困惑している。しかし,ほとんどの公立病院と違って,この病院は医療行為のやり方(←医療に従事する方法)を変えることを決断したのである。

2 この変革を推し進めている(←背後にいる)のは,パークランド記念病院の最高経営責任者で現役の内科医であるロン・アンダーソン博士で,彼は,いやしに関するアメリカ先住民の知恵と,患者が感情面で必要としていることに対する気配りが治療にあると患者は目に見えて良い影響を受ける,ということを示す臨床経験の,両方から影響を受けてきた。

3 医学生たちを伴って回診するロン・アンダーソンについて行き,彼が慢性のぜんそくを患う年配の女性のベッド脇で立ち止まると,私は耳を傾ける。彼はお決まりの質問をする。「昨晩はよく眠れましたか」,「呼吸は少しは楽になっていますか」と。それに続く彼の質問に医学生たちは驚く。「息子さんは仕事を探しているのですか」,「彼は相変わらず酒を飲んでばかりいるのですか」,「ぜんそくの発作の直前に何があったのか聞かせてください」といった質問だ。当惑している医学生たちに彼は説明する。「不安は多くの病気,特にぜんそくのような慢性疾患を悪化させることがわかっている。だから私たちは,何が彼女のストレスの原因となっているのか(←ストレスに起因する出来事を引き起こしつつあるかもしれないもの)を探り出し,彼女がそれにうまく対処する何らかの方法を見つけるのを手助けしなければならない。そうしないと,彼女はまたここに入院ということになり(←ここに落ちる),今度はことによると私たちは彼女を救うことができないかもしれないのだ。私たちは,ただ薬を処方し,それ以上は関わりをもたない(←立ち去る)というのではいけない。それは医療の怠慢だ。私たちは時間をかけて彼女のことを理解するように努めなければならない。どんな暮らしをしているのか,彼女の価値観,彼女に対する社会的な援助はどうなっているのか,といったことをね。彼女の息子が彼女の唯一の支えであり,その彼が失業中だということを私たちが知らなかったら,彼女のぜんそくの治療はずっと効果の少ないものになるだろう(←彼女のぜんそくに対処するのに,私たちはずっと効果的でなくなるだろう)。」

4 ・現代医学は,その並外れた科学技術によって,数々の驚異を成し遂げてきたが,アンダーソンは気遣うということもまた強力な薬であると信じている。彼が重視することの最も顕著な例は,パークランド記念病院の新生児集中治療室に見ることができる。国内の他の病院と同様に,パークランド記念病院も早産の赤ん坊や出生時体重の少ない赤ん坊の急激な増加に対処している。パークランド記念病院は,そうした子供たちの生命を維持するために,最新の科学技術を使っているが,アンダーソンが言うには,彼らを救うだけでは十分ではない。同様に重要なのは,親と子の情緒面でのつながりを促進することである。科学的な研究によると,人との接触がないと赤ん坊は虚弱になり,正常な発育が妨げられるということがわかっている。赤ん坊は体に触れてもらうことが必要なのである。

 

要約

ダラスのパークランド記念病院では,近代医学の科学技術による治療も大切だが,患者の心を気遣うこともまた強力な治療であるというアンダーソン博士の考え方に立って,患者のことを知るということに力を入れている。(100字)

 

Summary

Parkland Memorial Hospital has changed its way of practicing medicine.  The man behind the change is Dr. Ron Anderson, who knows that patients benefit measurably when their medical treatment includes attention to their emotional needs.  Modern medicine has accomplished wonders, but he believes that caring is also a powerful medicine.                     (50 words)

 

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事