スポンサーリンク

本文

CHAPTER 4

1            Reacting to risk is one of the most important things a living creature has to deal with.  A part of your brain, which triggers adrenaline in the bloodstream, is responsible for that job.  Adrenaline increases your heart rate and muscle tension, and makes your palms sweaty.  You notice it when you walk alone in the dark, for example.

2            Fear prompts all sorts of animal behaviors.  Animals as diverse as bees and monkeys avoid eating food in areas where predators are common.  By flocking, however, not only is it less likely that any member of the group will be eaten, but each member of the group has to spend less time watching out for predators.  Flocking therefore is an example of security measures.

3            Different prey species have developed various alarm calls, some surprisingly specific.  Biologist Randolph Nesse has studied animal defenses, especially those that seem to be overreactions.  These defenses are mostly all-or-nothing: A creature cannot do them halfway.  Nesse has shown that all-or-nothing defenses are expected to have many false alarms, and that the oversensitivity of many defenses is an illusion.  The defenses appear too sensitive because they are less costly compared to the harms they protect against.  According to his theory, if flight costs 100 calories and there is a one percent chance of being eaten if you do not fly away, it is smarter for survival to use up 10,000 calories by repeatedly flying at the slightest movement even though there is a 99 percent chance of false alarm.  No matter how often a particular species reacts to false alarms, evolution has proven that being oversensitive is worth the extra effort and calories spent.

4            While the environment of a particular species changes quickly and drastically, evolution of the species takes a long time to catch up.  Even though there are far fewer predators in the city, birds there react as if they were living in a prehistoric forest.  They are constantly on alert, and will fly away from food at the slightest movement or sound.  Even birds safe in a zoo do not realize that the situation has changed.

5            Humans are both very different from and very similar to other species.  We feel fear too, and we also live in a world very different from the one we evolved in.  Our spontaneous defenses might be optimized for the risks common to living in small family groups in East Africa thousands of years ago.  On the other hand, we have a brain that can override our unconscious reactions.  We can go beyond fear and actually think sensibly about security.(福島大 432語)

 

訳文

CHAPTER 4

和訳

1 危険に対して反応することは,動物が対処しなければならない最も重要なことの1つである。あなたの脳の中の一部分,つまり血液中にアドレナリンを分泌する(←引き起こす)部分が,その役目を担っている(←役目に責任がある)。アドレナリンは心拍数と筋肉の緊張を高め,手のひらを汗ばませる。たとえば,暗闇の中を1人で歩くと,そのことに気づく。

2 恐怖はあらゆる種類の動物行動を誘発する。ハチとサルのようにまったく異なる動物でも,捕食動物がよく見られる(←ありふれた)場所ではえさを食べないようにしている。しかし,群れをなすことによって,群れの中の一員が食べられてしまう可能性が減るだけでなく,群れの中のそれぞれが捕食動物を見張っていなければならない時間も減る。従って,群れを成すことは安全対策の一例なのである。

3 獲物となるさまざまな種が,さまざまな警告の鳴き声を発達させてきた。中には驚くほど独特なものもある。生物学者のランドルフ・ネスは動物の防衛手段,その中でも,特に過剰反応のように思われるものを研究してきた。これらの防衛手段は,ほとんどが全力投入である。動物はこれらを中途半端に行うことはできないのだ。ネスは,全力投入の防衛手段には多くの間違った警報が含まれていると予測されること,および,多くの防衛手段が過敏であるとするのは(私たちの)錯覚である(←多くの防衛手段の過敏さは錯覚である)ことを示している。防衛手段が過敏に見えるのは,それらが予防する損害と比べて,それらの防衛手段の方が(支払う)損失(犠牲)が少ないからだ。彼の説によると,飛行に100カロリーが必要で,飛び去らなければ食べられてしまうという可能性が1%であるとするならば,たとえ警報が間違っている可能性が99%あるとしても,ほんの少しでも動きがあったときに繰り返し飛行することで10,000カロリーを使い切る方が,生き延びるためには賢明なのである。・ある特定の種が,間違った警報に対してどれほど頻繁に反応したとしても,過敏であることには,費やされた余分な努力とカロリーに見合うだけの価値があるということを,進化は証明してきたのだ。

4 特定の種を取り巻く環境は,短期間にかつ劇的(←徹底的)に変化するのに対して,種の進化は(その変化に)追いつくのに長い時間を要する。都会では捕食動物がはるかに少ないにもかかわらず,そこに住む鳥はまるで先史時代の森に住んでいるかのように反応する。鳥たちは絶えず警戒しており,ほんのかすかな動きや音がするだけで食物から飛び去ってしまう。動物園で安全に暮らしている鳥でさえも,状況が変化したことを理解していない。

5 人間は他の種と非常に異なってもいるし,また非常に似通ってもいる。我々も恐怖を感じるし,我々もまた自分たちが進化してきた世界とは非常に異なった世界に住んでいる。我々の本能的な防衛手段は,何千年も前の東アフリカの,小規模な家族集団の中での生活に普通に見られた危険に対して,最大限に活用されるのかもしれない。一方,我々には無意識の反応を無視することができる脳がある。我々は恐怖を乗り越えることができるし,安全について分別をもって現実的に考えることができるのだ。

 

要約

危険に対する反応として,捕食者がいる所で食物を採らないことや群れをなすことの他に,過剰とも思える防衛手段をとる種もある。人間にもこれと似た本能的な一面があるが,人間は脳で安全について考えることができる。(101字)

 

Summary

Reacting to risk is one of the most important things a living creature has to deal with.  Animals avoid eating food in areas where predators are common.  Flocking is another example of security measures.  Some animals’ defenses appear too sensitive, but they have proved reasonable.  We humans are very similar to other species, but we can go beyond fear and think sensibly about security.                          (64 words)

 

 

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事