スポンサーリンク

本文

CHAPTER 5

1            Most people now understand that all languages have developed to express the needs of their users, and that in a sense all languages are equal.  But this principle of the study of language has often been denied, and still needs to be defended.  Part of the problem is that the word ‘equal’ needs to be used very carefully.  We do not know how to measure the ‘quantity’ of language, so as to be able to say whether all languages have the same ‘amounts’ of grammar.  There may indeed be important differences in the structural complexity of language, and this possibility needs to be investigated.  But all languages are considered to be equal in the sense that there is nothing fundamentally limiting about any of them.  All languages meet the social and psychological needs of their speakers, are equally worthy of scientific study, and can provide us with valuable information about human nature and society.

2            There are, however, several misunderstandings about languages which stem from a failure to recognize this view.  The most important of these is the idea that there are such things as ‘primitive’ languages ― languages with a simple grammar, a few sounds, and only a few hundred words, whose speakers have to make up for their language’s shortages through gestures.  Speakers of ‘primitive’ languages have often been thought to exist, and there has been a great deal of speculation about where they might live, and what their problems might be.  If they relied on gestures, how would they be able to communicate at night?  Without abstract terms, how could they possibly develop moral or religious beliefs?  In the 19th century, such questions were common, and it was widely thought that it was only a matter of time before explorers would discover a genuinely primitive language.

3            The fact of the matter is that every culture which has been investigated, no matter how ‘primitive’ it may be in cultural terms, turns out to have a fully developed language, with a complexity comparable to those of the so-called ‘civilized’ nations.  In the science of people and culture, the human race can be said to have evolved from primitive to civilized states.  However, in the study of language, there is no sign of language having gone through the same kind of evolution.  There are no ‘bronze age’ or ‘stone age’ languages.  All languages have a complex grammar: there may be relative simplicity in one respect, such as no word-endings, but there seems always to be relative complexity in another, such as word-position.

4            Simplicity and regularity are usually thought to be desirable features of language; but no natural language is simple or wholly regular.  All languages have complicated grammatical rules, and all have exceptions to those rules.(関西学院大 455語)

 

 

訳文

CHAPTER 5

和訳

1 今ではほとんどの人が,すべての言語はその使用者が必要とするものを表現するために発達してきたのであり,ある意味ではすべての言語は対等である,ということを理解している。しかし,言語研究のこの原則はしばしば否定されてきたので,今でも擁護される必要がある。問題の1つは,「対等」という言葉は非常に慎重に使わなければならないということである。すべての言語が同じ「量」の文法を持っているかどうかを言えるほど,我々はどうやって言語の「量」を測るのか知らない。言語の構造の複雑さには,実際に重要な違いがあるかもしれないし,この可能性は研究される必要がある。しかし,どの言語にも,根本的に制約となるものは何もないという意味では,すべての言語は対等であると考えられているのである。すべての言語は,それを話す人たちの社会的および心理的要求を満たし,等しく科学的研究に値し,我々に人間の本性と社会に関する貴重な情報を提供することができるのである。

2 しかし,この見解を認めないことから生じる,言語に関する誤解がいくつかある。これらの(誤解の)中で一番重大なものは,「原始」言語なるもの - 単純な文法,わずかばかりの音声,ほんの数百の単語しかなく,それを話す人たちが,言語の不足を身ぶりで補わなければならないといった言語 - が実在するという考えだ。「原始」言語を話す人たちは実在するとしばしば考えられてきたし,そういう人たちはどこに住んでいるのだろうかとか,彼らの(抱えている)問題はどういうことだろうかということについての推測も随分行われてきた。もし彼らが身ぶりに頼っているとすれば,夜はどうやって意思疎通をすることができるのであろうか。抽象的な言葉がなければ,いったいどうやって道徳信念や宗教信条を発達させることができるのであろうか。19世紀にはこのような疑問はありふれたもので,探検家たちがまぎれもない原始言語を発見するのは,もはや時間の問題だと広く考えられていた。

3 ・実は,調査されてきた文化はどれも,文化という観点から言えばどんなに「原始的」であろうとも,いわゆる「文明」国家の言語に匹敵する複雑さを備えた,十分に発達した言語を持っていることがわかるのだ。人間と文化の学問においては,人類は原始の状態から文明化した状態へと進化したと言うことができる。しかし,言語の研究においては,言語が(それと)同じような進化の過程を経てきたという形跡はない。言語に「青銅器時代」とか「石器時代」というものはないのだ(←「青銅器時代」言語とか「石器時代」言語というものはない)。すべての言語は複雑な文法を備えている。たとえば語尾(変化)がないというような,ある点で比較的単純なところもあるかと思うと,たとえば語の位置といった別の点で,比較的複雑なところが常にあるようなのだ。

4 通常,単純さと規則性は言語の望ましい特徴であると考えられている。しかし,自然言語で単純なものも,あるいは完全に規則的なものもない。すべての言語が複雑な文法規則を持っており,すべての言語にはそれらの規則に対する例外があるのだ。

 

要約

どの言語も使用者が必要とするものを表現するために発達したのであり,原始的な文化であっても,文明国家の言語に匹敵する複雑さを備えた,十分に発達した言語を持っている。この意味で,すべての言語は対等である。(100字)

 

Summary

All languages have developed to express the needs of their users.  Every culture, no matter how ‘primitive’ it may be in cultural terms, turns out to have a fully developed language, and no natural language is simple or wholly regular.  In that sense, all languages are equal.  (47 words)

 

 

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事