スポンサーリンク

本文

CHAPTER 6

1            In many parts of the world there have recently been massive losses in the honeybee population.  In Britain, for example, 30% of the honeybee population died in the winter of 2007.  That’s nearly 80,000 colonies: in one colony, there will be at least 20,000 bees, so we’re talking about a large number.  As a result of these deaths, there will be less honey available for us to buy, and honey will become more expensive.  But why should you care?  You might not even like honey, and you might not be bothered if there were no bees in the world.  However, expensive honey is not the only problem that results from the decline in the honeybee population.

2            At root, all land mammals depend on plants for food.  Humans eat plants, but they also eat animals that eat the plants.  If you eat chicken, you are also indirectly eating the corn and other grains that the chicken ate.  If there are no plants, we have only fish to eat, and it is a widely known fact that fish stocks are diminishing rapidly across the world.  Plants such as blueberries, for instance, depend on pollination to reproduce.  Because of pollination, insects help grow one third of everything that humans eat: nuts, vegetables and fruit.  Humans use honeybees to do most of this work, placing hives in areas where plants are flowering.  90% of the food we consume comes from 100 crop species.  71 of these species are pollinated by bees.  The scale of the work done by these creatures is breathtaking: according to recent estimates, pollination by bees is worth $14 billion to the US economy each year.   Honeybees don’t get rewarded for their work; rather, humans make it increasingly difficult for them to live.

3            Due to Colony Collapse Disorder (CCD), there is less pollination by honeybees, therefore fewer crops, so there will be more frequent and severe food shortages.  When a country cannot produce enough food itself, it can import food from abroad.  But in this situation, importing food is no solution, because CCD is a worldwide problem.  Famine is a real concern, especially when we consider that the world human population may be as high as 8 or 9 billion by the year 2050.

4            What exactly is causing the number of honeybees to decline?  The problem is that scientists don’t know for certain.  Possible causes are changing climate conditions, air pollution, and a parasite that kills worker bees.  Because bees fly, the parasite is carried on their body, so it is able to travel around the world.  One certain cause of CCD is the increased use of pesticides in farming.  Pesticides make the honeybees forgetful, and they also affect the ways in which they communicate, so either they cannot remember where nectar-producing plants are, or they are unable to inform other bees where to find them.  But banning pesticides is very difficult, since they assist in the successful growth of other crops.  Banning pesticides might create more food shortages, and we cannot simply revert to a world without agricultural chemicals.  It seems that a lot of research is needed in order to create pesticides that are not harmful to honeybees.  We simply cannot afford to lose the honeybee and all the hard work it does for us.  We must investigate all possible causes of this problem and formulate creative solutions, otherwise in the next half-century, a large part of the world will become very hungry indeed.(北海道大 577語)

 

訳文

CHAPTER 6

和訳

1 世界の多くの地域で,最近ミツバチの生息数が大規模に減少している。たとえば英国では,2007年の冬にミツバチ全体の30%が死んだ。それは80,000近くのコロニーである。1つのコロニーには少なくとも20,000匹のハチがいるので,その数はばく大である(←我々は非常に大きな数の話をしている)。こうした死の結果として,我々が買うことのできる蜂蜜は減るだろうし,蜂蜜の値段は高くなるだろう。しかし,なぜこんなことを気にしなければならないのか。人によっては蜂蜜が好きでさえないかもしれないし,世界にハチが一匹もいなくても困らないと言うかもしれない。しかし,ミツバチの生息数の減少から生じる問題は,高価な蜂蜜ということだけではないのだ(←高価な蜂蜜は~から生じる唯一の問題ではない)。

2 本質的には,すべての陸生哺乳動物は食料を植物に頼っている。人間は植物を食べるが,その植物を食べる動物も食べる。もし鶏肉を食べれば,その鶏が食べたトウモロコシやその他の穀物も,間接的に食べていることになる。もし植物がなければ,我々が食べるものは魚だけになるが,水産資源(←魚の総量)が世界中で急激に減少していることは広く知られた事実である。たとえばブルーベリーのような植物は,繁殖を授粉に頼っている。授粉を介して(←授粉が原因となって)昆虫は,人間が食べるものすべての3分の1,つまり木の実,野菜,果物が育つのを助けているのである。人間は,植物が花咲く場所にミツバチの巣箱を置き,この仕事の大部分をミツバチにさせている(←この仕事の大部分をするために,ミツバチを利用している)。我々が消費する食物の90%は,100種類の作物(←100の作物種)からとれる。これらの(=100種類の)うち71種類の作物がハチによって授粉されている。この生き物によって行われている仕事の規模は,息をのむばかりである。最近の概算によれば,ハチによる授粉は合衆国の経済にとって毎年140億ドルの価値がある。・ミツバチは自分たちの仕事から報酬を得ていない。それどころか,人間はミツバチが生息するのをますます困難にしているのである。

3 蜂群崩壊症候群(CCD)のために,ミツバチによる授粉が減少しており,従って作物も少なくなっている。それで,食糧不足がさらに頻繁に起こり,かつ深刻になることであろう。1つの国が自国で十分な食糧を生産できないときには,外国から食糧を輸入することができる。しかし,この状況では食糧の輸入は何の解決にもならない。というのは,蜂群崩壊症候群は世界規模の問題だからである。特に,世界の人口が2050年までに80億から90億にまで増えるかもしれないということを考えると,飢饉は現実的な懸念材料なのだ。

4 正確には,いったい何がミツバチの数を減少させているのだろうか。問題は,科学者たちにも確かなことはわからないということである。考えられる原因は,変化しつつある気象条件,大気汚染,それに働きバチを殺す寄生虫である。ハチは飛行する。それで寄生虫はハチの体に付着して世界中を移動することができる。蜂群崩壊症候群の1つの確かな原因は,農業における殺虫剤の使用の増加である。殺虫剤はミツバチを忘れっぽくし,またミツバチが情報を伝え合う方法にも影響を及ぼす。それでミツバチはどこに蜜を出す植物があるかを覚えることもできず,また,それらがどこにあるのかを他のハチに知らせることもできなくなる。しかし,殺虫剤は他の作物の成長を大いに増進させるのに役立っているので,これを禁止することは非常に困難だ。殺虫剤を禁止すると,さらなる食糧不足という事態が生じるかもしれず,我々は農薬のない世界に逆戻りすることはとてもできない。ミツバチに害のない殺虫剤を作り出すためには,多大な研究が必要とされるように思われる。・我々には,ミツバチおよびミツバチが我々のためにしてくれる大変な仕事のすべてを失う余裕などとてもない。我々は,この問題の考えられる限りの原因を調べて,創造的な解決策を練り上げなければならない。そうしないと,次の半世紀で,世界の大部分が実際に大変な食糧難に陥るだろう。

 

要約

世界中でミツバチの生息数が大幅に減少している。原因は特定できないが,植物は繁殖をハチの授粉に頼っており,我々は直接および間接的に食糧を植物に頼っているので,世界的に深刻な食糧難に陥ることが懸念される。(100字)

 

Summary

There have recently been massive losses in the honeybee population all over the world, but scientists don’t know the causes for certain.  This is a very serious problem because we depend on honeybees directly and indirectly for a large portion of the food we consume.  In the next half century, a large part of the world will become very hungry.                           (60 words)

 

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事