スポンサーリンク

本文

CHAPTER 7

1            Caffeine is the most widely used drug in the world, and the value of the coffee traded on international commodity markets is exceeded only by oil.  Yet for most of human history, coffee was unknown outside a small region of the Ethiopian highlands.  After initially being recognised in the late sixteenth century by a few travellers in the Ottoman Empire, coffee established itself in Europe among curious scientists and merchants.  The first coffee-house in the Christian world finally opened in the early 1650s in London.

2            A coffee-house exists to sell coffee, but the coffee-house cannot simply be reduced to this basic commercial activity.  In his famous dictionary, Samuel Johnson defined a coffee-house as ‘a house of entertainment where coffee is sold, and the guests are supplied with newspapers’.  More than a place that sells coffee, Johnson suggests, a coffee-house is also an idea, a way of life, a mode of socialising, a philosophy.  Yet the coffee-house does have a vital relationship with coffee, which remains its governing symbol.  The success of the coffee-house made coffee a popular commercial product.  The associations with alertness, and thus with seriousness and with lively discussion, grant the coffee-house a unique place in modern urban life and manners, in sharp contrast to its alcoholic competitors.

3            The history of the coffee-house is not business history.  The early coffee-house has left very few commercial records.  But historians have made much use of the other kinds of evidence that do exist.  Government documents are full of reports by state spies about conversations heard in coffee-houses.  Further evidence is found in early newspapers, both in their advertisements and in news reports.  The well-known diaries of the seventeenth and eighteenth centuries also indicate that the coffee-house was central to the social life of the period.

4            In describing the life-world of coffee-houses, however, much of the most compelling evidence is literary.  The variety and nature of the coffee-house experience have made it the subject of a huge body of satirical jokes and humour.  Considered as literature, this body of writing is rich and exciting, made lively by currents of enthusiasm and anger, full of references to particular and local disputes.  In representing the coffee-house, these literary materials, more than anything else, established and confirmed the place of coffee in modern urban life.  Using this evidence, however, is not straightforward and has long troubled historians.  It is in the nature of satire to exaggerate what it describes, to heighten foolishness and vice, and to portray its material in the most colourful language.  The coffee-house satires can nevertheless be considered not only as works of literature but also as historical evidence: these low and crude satires are not a simple criticism of coffee-house life, but part of their conversation, one voice in the ongoing discussion of the social life of the city.(東京大 469語)

 

27.satirical「風刺的な」  34.satire「風刺文学」

 

 

訳文

CHAPTER 7

和訳

1 カフェインは世界で最も広く用いられている薬であり,国際的な商品市場で取り引きされるコーヒーの価格を超えるものといえば石油だけである。しかし人間の歴史の大部分に渡って,コーヒーはエチオピア高地の狭い地域の外では知られていなかった。16世紀後半にオスマン帝国を旅した数人の旅人に初めて知られてから,コーヒーはヨーロッパで好奇心旺盛な科学者や商人の間に定着した。キリスト教世界で最初のコーヒーハウスが,1650年代初期にロンドンでついに開店することとなった。

2 コーヒーハウスはコーヒーを売るために存在するものだが,コーヒーハウスというものを,決してこの基本的な商業活動だけにまとめてしまうことはできない。サミュエル・ジョンソンは,その有名な辞書の中でコーヒーハウスを「コーヒーが売られ,客には新聞が提供される娯楽の場」と定義した。単にコーヒーを売るだけの場所にとどまらず,コーヒーハウスは1つの思想であり,生き方であり,社交の様式であり,哲学でもあることをジョンソンは示唆しているのだ。・それでもコーヒーハウスは確かにコーヒーと極めて重要な関係があり,コーヒーがその主たる象徴であることに変わりはない。コーヒーハウスの成功によって,コーヒーは人気のある商品作物となった。用心深さを伴った人と人の交際,それゆえの真剣さや活気ある議論を伴った人と人との交際があるおかげで,コーヒーハウスは近代の都市生活や風俗習慣における他に類のない場となっており,競合する酒類を提供する店とはまったく対照的である。

3 コーヒーハウスの歴史は商売の歴史ではない。初期のコーヒーハウスは営業記録をほとんど残していない。しかし,歴史家たちは,実在している他の種類の証拠を大いに利用してきた。政府の文書には,コーヒーハウスで耳にした会話に関する,政府のスパイたちによる報告がいっぱいある。さらなる証拠が,初期の新聞の広告とニュース記事の両方に見つかる。17世紀と18世紀のよく知られた日記もまた,コーヒーハウスがこの時期の社会生活にとって重要な役割を果たしていたことを示している。

4 しかしながら,コーヒーハウスという生活世界を説明するのに最も有力な証拠の多くは,文学的なものである。コーヒーハウスでの経験の多様性と特質のために,それは膨大な量の風刺的冗談やユーモアのテーマとされてきた。文学であると考えると,こうした書き物は,興味深くてわくわくさせるもので,熱狂と怒りのうねり(←流れ)によって生き生きとしたものとなり,特定の,そして地域の(問題に関する)議論への言及に満ちている。コーヒーハウスの描写に際して,これらの文学的資料は,他の何よりも,近代の都市生活におけるコーヒーの地位を確立し,それを確かなものとした。しかしながら,この証拠を用いることは簡単なことではなく,長い間歴史家たちを困らせてきた。述べる内容を誇張し,愚かさや悪い行いを際立たせ,その題材をこの上なく下品な言葉で描写するというのが風刺文学の本質にある。にもかかわらず,コーヒーハウスの風刺文学は,文学作品としてのみならず史料(←歴史的証拠)とも見なすことができる。これらの低俗で無礼な風刺文学は,コーヒーハウスの生活に関する単なる評論ではなく,そこでの会話の一部であり,都市の社会生活の中で今も続く討議の中の1つの声なのである。

 

要約

17世紀後半に誕生したコーヒーハウスは,単にコーヒーを売るだけの場所にとどまらず,ヨーロッパの中心的な社交の場となった。その実態は,政府の文書や新聞,有名な日記,風刺文学などから知ることができる。(98字)

 

Summary

The first coffee house in the Christian world opened in the early 1650s in London.  Coffee houses were not only the places to sell coffee but also the centers of social life in Europe.  Early coffee-house life is described in government documents, newspapers, well-known diaries, and literary materials.          (48 words)

 

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事