スポンサーリンク

本文

CHAPTER 10

1            Most of us have seen the moon rise and set in the night sky for so many years that we take it for granted.  However, astronomers who search the stars have observed that planets rarely have moons that are large in relation to their own size.  This fortunate coincidence has given the Earth many benefits that have favored the dawn and development of life on this planet.   As it turns out, our large moon has had a significant stabilizing effect on our world’s surface conditions.

2            Since it is so rare, scientists were very curious as to how our large moon came to be formed.  For decades, scientists debated over which of three competing theories was correct.  The first theory was that the moon was formed at the same time as the Earth and from the same material.  The second idea was that the moon was originally an independent object that was traveling through our solar system until it was captured by the Earth’s gravity.  The third theory supposed that the moon was born from molten material that was thrown off Earth’s equatorial region as the Earth rotated.

3            After years of research, study and deliberation, the evidence pointed to a startling surprise that caused most scientists to determine that none of these three alternatives were probable.  Computer modeling suggested, and most scientists now agree, that our moon was most likely created from debris left over after the Earth’s gigantic collision with another planet around 4.5 billion years ago.  The planet that hit Earth is thought to have been around the same size as Mars.  This catastrophic event totally melted the surface of the Earth and blasted parts of both planets out into orbit, giving birth to our moon.  The Earth’s surface later cooled and reformed.

4            Having a large moon allows our planet’s spin to be very steady.  The forces of the moon’s gravity influence global ocean tides and at the same time stabilize the Earth’s rotation.  Without this stabilizing effect, our planet would wobble on its vertical axis up to ninety degrees, at times allowing even the north and south polar regions to face the sun directly.  This would cause great volatility in the Earth’s climate.  Instead of having consistent weather zones as we have now, Earth’s weather would be in perpetual anarchy, with constant winds, wild temperatures, heavy storms and giant ocean waves.  Most scientists share the opinion that under these conditions it would have been very difficult, or even impossible, for life to form.

5            Knowing how important our moon is to the Earth’s stability, it is perhaps a surprising and alarming fact that this satellite is actually moving farther away into space each year.  It’s a complicated process, but the tidal movement of the oceans causes the orbital speed of the moon to accelerate.  As a result, the moon gradually pulls away from the Earth each year, just under four centimeters annually.  Luckily, none of us living now have anything to fear about this event.  It will take thousands, or even millions of years of retreat before the Earth loses the benefits of our large moon.

6            From its violent creation long ago to its current resting place in the serene night sky, our moon has been a good partner for the Earth.  That lucky collision that pushed the ancient Earth into temporary chaos also gave us a big moon that introduced stability and allowed the evolution of complex life forms.(北里大 571語)

 

13.molten「溶解した」  equatorial「赤道の」  17.debris「残骸」  24.wobble「ぐらつく」

 

訳文

CHAPTER 10

和訳

1 我々のほとんどは夜空に月が昇ったり沈んだりするのを何年間も見てきているので,それを当たり前のことと思っている。しかし,星を調べる天文学者は,惑星が自分自身の大きさに比べて大きい衛星を持っていることはめったにないということに気づいている。この幸運な偶然の巡り合わせによって,地球は,この惑星における生命の誕生と進化にとって有利になる多くの恩恵を受けてきた。結局のところ,我らが大きな月は,地球の表面の状態に重大な安定効果を与えてきているのである。

2 (大きな衛星は)非常にまれなものであるから,科学者たちは,この大きな月がどのようにして形成されたのか大いに興味を持った。何十年もの間,科学者たちは3つの相対立する説のどれが正しいかをめぐって議論を交わした。1つ目の説は,月は地球(が形作られたの)と同じ時に,同じ物質から形作られたというものであった。2つ目の考え方は,月はもともと我が太陽系の中を移動していた独立した物体で,それがある時地球の引力に捕えられたというものであった。3つ目の説は,月は地球が自転する時に地球の赤道付近の地域から振り落とされた(← ~から外れて放り投げられた)溶解した物質から生まれたと考えるものであった。

3 何年にも渡る調査,研究,熟考の後に得られた証拠は本当に驚くべきもので,ほとんどの科学者は,それら3つの選択肢のどれでもなさそうだと結論づけた。コンピュータを使ったモデル実験が示唆し,今ではほとんどの科学者が同意しているが,我々の月は,おそらく約45億年前に,地球が別の惑星と激しい衝突をした後に残った残骸から作られた可能性が最も高いのだ。地球とぶつかった惑星は火星とだいたい同じくらいの大きさであったと考えられている。この壊滅的な出来事が地球の表面をすっかり溶かし,双方の惑星のいくらかの部分を吹き飛ばして軌道に乗せ,我々の月を生み出したのである。地球の表面は後に冷めて再形成された。

4 大きな月を持っていることで,我々の惑星の自転は非常に安定したものとなっている。月の引力が,地球の海洋の潮の満ち干きに影響を及ぼし,同時に地球の自転を安定させているのである。この安定効果がなければ,我々の惑星は,垂直軸に向かって90度までぐらつき,時には北極地方や南極地方でさえ太陽に直面することになってしまうだろう。これは地球の気候に大きな不安定をもたらすだろう。今あるような,気象の安定している地帯(←安定した気象地域)がなくなって,地球の気象は絶え間のない風や大変な気温,激しい嵐,巨大な海の波を伴う,果てしない混乱状態となるだろう。・ほとんどの科学者は,このような状況の下では生命が形作られるのは非常に困難,あるいは不可能でさえあっただろう,という意見を共有している。

5 我々の月が地球の安定にとっていかに大切であるかを知ると,この衛星が実は毎年宇宙へと遠く離れて行っているということは,ひょっとすると驚くべき不安な事実であるかもしれない。それは複雑な過程なのだが,海洋の潮の動きが月の公転速度を加速させているのである。その結果,年に4センチ未満だが,月は年々地球から徐々に遠ざかっている。幸運なことに,今生きている我々は誰もこの出来事について何も心配することはない。地球が我々の大きな月の恩恵を失うまでには,何千年,いや何百万年分もの後退を要することだろう。

6 大昔のすさまじいその誕生から,穏やかな夜空に浮かぶ現在のその位置に至るまで,我々の月は地球のよき伴侶であった。古代の地球を一時的な大混乱状態に追いやったあの幸運な衝突は,(地球に)安定をもたらして複雑な生命形態の進化を可能にした大きな月を,我々に与えてもくれたのだ。

 

要約

月は地球が別の惑星と衝突した後の残骸からできたという説が現在有力だ。この幸運な出来事によって地球は多くの恩恵を受けてきた。月の引力がなければ地球の気候は大混乱となり,生命の誕生と進化も危うかっただろう。(101字)

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事