スポンサーリンク

本文

CHAPTER 11

1            We tend to regard as intelligent those who can organise their thoughts coherently, express them clearly and come to reasoned conclusions.  I think this holds as a general perception of intelligence.  The problem is that it is often limited to those who are particularly good at reasoning verbally and mathematically.  But is this really all there is to intelligence?  Doesn’t composing music involve intelligence?  Certainly playing it does.  Think about the knowledge and control that’s involved in learning an instrument and in understanding musical forms and expression.  And what about playing sports, designing buildings, relating to other people, flying aircraft and so on?  Aren’t these examples of intelligence?  If human intelligence were limited to the abilities measured in IQ tests, most of human activity would stop or would never have started.  The fact is that we can think in many other ways too.

2            We not only perceive the world in vision, but also think visually.  We not only hear things, but can also think in sound.  Many of our thoughts occur as visual images.  Reflecting on the past and anticipating the future is often a process of visualising them.  Visual artists think and communicate in images.  They aren’t trying to express ideas that would be better put into words.  They are having visual ideas.  Musicians think in sound.  We think about our experiences in all the ways we have available.  There have been various attempts at formulating categories to express this idea of ways of thinking.  A recent version is by the American psychologist Howard Gardner.  He defines intelligence as the ability to solve problems in a given context:

 

‘Consider a twelve-year-old Puluwat in the Caroline Islands who has been selected by his elders to learn how to become a master sailor.  Under the guidance of master navigators, he will learn to combine knowledge of sailing, stars, and geography so as to find his way around hundreds of islands.  Or consider the 14-year-old adolescent in Paris who has learnt how to program a computer and is beginning to compose works of music with the aid of a synthesizer.  A moment’s reflection reveals that each of these individuals is demonstrating a high level of competence in a challenging field and should by any reasonable definition of the term be viewed as exhibiting intelligent behavior.’

 

3            Gardner argues that we all have ‘multiple intelligences.’  He argues that there are at least seven different types of intelligence.  In later work he accepts that there are not simply seven discrete intelligences but others too.  I think it is better to avoid formal categorising and to recognise that intelligence is multifaceted.  We think visually, aurally, spatially, kinaesthetically and in other ways too.  These are not so much forms of intelligence as examples of the inherent complexity and variety of intelligence.  Intelligence in these and in many other ways goes well beyond conventional conceptions of verbal and mathematical reasoning.(信州大 482語)

 

34.kinaesthetically(=kinesthetically)「運動感覚によって」

 

 

訳文

CHAPTER 11

和訳

1 我々は,理路整然と自分の考えをまとめ,それを明瞭に表現して,筋の通った結論に達することができる人を,知能が高いと見なしがちである。これが,知能についての一般的な認識として有効であると思う。問題は,それが,言語的および数学的に思考することに特に秀でた人に限定される場合が多いことだ。だが知能とは本当にただこれだけのものなのだろうか。音楽を作曲することは知能を必要としないのか。確かに演奏することには知能が必要だ。・楽器の演奏を習ったり,音楽の形式や表現を理解したりするのにかかわっている知識および制御力について考えてみよ。また,スポーツをしたり,建物を設計したり,他人とうまく付き合ったり,航空機を操縦したり,などといったことについてはどうだろう。これらは知能の例ではないのか。もし人間の知能が知能検査(←IQテスト)で測られる能力に限られるとしたら,人間の活動のほとんどは止まってしまうか,あるいはそもそも始まらなかったであろう。実は,我々はその他の多くの方法でも思考することができるのである。

2 我々は世界を視覚で認知するだけでなく,視覚的に考えるということもする。我々は物に耳を傾けるだけでなく,音で考えるということも可能だ。我々の思考の多くは,視覚イメージとして心に浮かぶ。過去を回想して未来を予想することは,しばしばそれら(=我々の思考の多く)を視覚化するプロセスなのである。視覚芸術家はイメージで考え,意思疎通を行う。彼らは,言葉ではうまく言い表せない概念を表現しようとしているのだ(←言葉にする方がよりよいような概念を表現しようとしているのではない)。彼らは視覚的な概念をつかんでいるのだ。音楽家は音で考える。我々は,自分の利用できる(←自分が持っていて利用できる)あらゆる方法で自分の体験したことについて考える。思考法に関するこの概念を表す分類方法を編み出そうと,これまでさまざまな試みがなされてきた。最近の見解は,アメリカの心理学者ハワード・ガードナーによるものである。彼は知能を,ある与えられた状況の中で問題を解決する能力と定義している。

「一流の船乗りになる方法を学ぶよう長老たちに選抜された,カロリン諸島の12歳のプルワット人について考えてみよう。彼は,航海の達人の指導の下で,何百という島々のまわりに航路を見出していくために,航海と星と地理の知識を組み合わせることができるようになるだろう。あるいは,コンピュータのプログラムを作る方法を学び,シンセサイザーの助けを借りて音楽作品を作曲し始めているパリの14歳の青年について考えてみよう。・2人のそれぞれが,やりがいのある分野で高度な能力を示すであろうし,この用語の道理にかなったどんな定義からしても,知能の高い行動を示すであろうとみなされるべきだということは,ちょっと考えただけで明らかだ。」

3 ガードナーは,我々はみんな「多様な知能」を持っていると主張する。彼は,少なくとも7つの異なった種類の知能があると言う。後の著作で彼は,7つの別個の知能だけでなく,他にも(知能が)あるということを認めている。形式的な分類を避け,知能は多面的なものであることを認める方がよいと私は思う。我々は視覚によっても,聴覚によっても,空間認識によっても,運動感覚によっても,またその他のやり方でも思考するのである。・これらは知能の形態というよりも,むしろ知能に本来備わっている複雑さや多様性の例である。これら,およびその他の多くの面で見られる知能は,言語的および数学的な思考という従来の概念をはるかに超えるのである。

 

要約

言葉を使って理路整然と数学的に思考することだけが知能ではない。視覚や音声で思考することも可能であり,多様な知能があるのだ。知能を分類しようという試みもあるが,知能は本来多面的であると認めるべきだ。(98字)

 

Summary

We tend to regard intelligence as the ability to reason verbally and mathematically, but it goes well beyond such conventional conceptions.  We think visually, aurally, spatially, kinaesthetically and in other ways too.  It is better to avoid formal categorizing and to recognize that intelligence is multifaceted.          (46 words)

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事