スポンサーリンク

本文

CHAPTER 12

1            The late nineteenth century was a rough time for frogs, worms, and a number of other creatures.  As the study of physiology blossomed in Europe and America, scientists went wild dividing, dismembering, and relocating these unfortunate subjects.  According to scientific legend, they also slowly heated some of the animals in order to test the extent to which they could adapt to changes in their environments.

2            The most famous example of this kind of research is the apocryphal story of the frog in boiling water.  Supposedly, if you place a frog in a pot of very hot water, it will scramble around and quickly leap out.  However, if you put one in a pot of room-temperature water, the little guy will stay there contentedly.  Now, if you slowly increase the temperature, the frog will stay put as it adapts to the rising change in temperature.  And if you continue to turn up the heat, the frog will eventually boil to death.  In short, organisms can stand small changes in their environment given time to adjust.

3            To get a better view of the wonders of adaptation, let’s consider the way that our visual system functions.  If you’ve ever gone to a matinee and walked from the dark movie theater to the sunny parking lot, the first moment outside is one of stunning brightness, but then your eyes adjust relatively quickly.  Moving from a dark theater into bright sunshine demonstrates two aspects of adaptation.  First, we can function well in a large spectrum of light intensities, ranging from broad daylight to sunset.  Even with the light of the stars, we can function to some degree.  Second, it takes a little bit of time for our eyes to adjust.  When we first move from darkness to light, we are unable to open our eyes fully, but after a few minutes we get used to the new environment and can function in it perfectly.  In fact, we adapt so readily that after a while we barely notice the intensity of the light around us.

4            Our ability to adapt to light is just one example of our general adaptive skills.  The same process takes place when we first encounter a new smell, texture, temperature, or background noise.  Initially, we are very aware of these sensations.  But as time passes, we pay less and less attention to them until, at some point, we adapt and they become almost unnoticeable.

5            The bottom line is that we have only a limited amount of attention with which to observe and learn about the world around us ― and adaptation is a very important novelty filter that helps us focus our limited attention on things that are changing and might therefore pose either opportunities or danger.  Adaptation allows us to attend to the important changes among the millions that occur around us all the time and ignore the unimportant ones.  If the air smells the same as it has for the past five hours, you don’t notice it.  But if you start smelling gas as you read on the couch, you will notice it, get out of the house and call the gas company.  Thankfully, the human body is a master at adaptation on many levels. (神戸大 535語)

 

3.dismember「手足を切り取る」  6.apocryphal「出所の疑わしい」  15.matinee「(映画などの)昼興行」

 

 

訳文

CHAPTER 12

和訳

1 19世紀末は,カエルや虫や多くのその他の動物にとってつらい時代であった。ヨーロッパやアメリカで生理学が盛んになったとき,科学者たちはこれらの不運な実験対象を乱暴に切り分け,手足をばらばらにして,つなぎ直すようなことまでした。・科学上の伝説によると,これらの動物たちが環境の変化にどの程度順応できるかを調べるために,彼らはそのいくつかをゆっくりと熱するということもしたという。

2 この種の研究の中で最も有名な例は,沸騰しているお湯の中のカエルについての出所の疑わしい話である。おそらく,もしカエルを非常に熱いお湯の入った鍋の中に入れると,そのカエルは慌てて暴れまわって,すぐに跳び出すだろう。しかし,もし室温の水の鍋にカエルを入れると,この小さいやつ(カエル)は満足そうにそこにいるだろう。さて,そこでゆっくりと温度を上げていくと,カエルは温度の上昇変化に順応しながら動かずにじっとしているだろう。そして温度を上げ続けると,カエルは最後にはゆだって死んでしまうだろう。つまり,順応する時間が与えられると,生物は環境の小さな変化に耐えることができるのだ。

3 順応の驚異がもっとよくわかるように,私たちの視覚系の働き方を考えてみよう。もしあなたが映画などの昼興行に行って,暗い映画館から日のよく当たる駐車場まで歩いたことがあれば,最初の瞬間,外はびっくりするような明るさだが,その後あなたの目は比較的早く順応する。暗い映画館から明るい日光の中に移動することは,順応の2つの側面を明示してくれる。第一に,私たちは,白昼から日没に至る広範囲に渡る光の強さの中で,うまく活動することができる。星の光の下でさえ,私たちはある程度は活動することができる。第二に,私たちの目が順応するには少しばかり時間がかかる。私たちは,最初,暗闇から明るい場所に移動するときには,目を十分に見開くことができないが,数分後には新しい環境に慣れて,その中で完全に機能することができる。実際,私たちはあまりにも難なく順応するので,しばらくすると周りの光の強さにほとんど気づかなくなるほどである。

4 光に順応する私たちの能力は,私たちの全般的な順応能力(←順応できる技術)のほんの一例にすぎない。私たちが新しい臭い,手触り,温度,周囲の騒音に最初に遭遇するとき,この同じ過程が生じる。初めのうちは,私たちはこれらの新しい刺激に対する感覚を非常に意識している。しかし,時が経つにつれて,私たちは次第にそれらに注意を払わなくなり,しまいにはある時点で順応して,それらは,ほとんど意識されなくなる(←目立たないものになる)。

5 肝心なのは,私たちには,周りの世界を観察して学習するのに限られた注意力しか備わっていないということだ。- そして順応力は,私たちが,自分たちの限られた注意力を,変化しつつあり,それゆえことによると好機や危険をもたらすかもしれない物事に向ける手助けをする,非常に重要な,変化を見つけ出す(←真新しさの)ろ過装置なのだ。・順応力のおかげで,私たちは,私たちの周りで常に起こる何百万という変化の中の重要なものに注意を払い,重要でないものを無視することができるのである。もし空気が5時間前からずっと同じ臭いであれば,人はそれに気づかないだろう。しかし,ソファで読書をしている時にガスの臭いがし始めたら,人はそれに気づき,家の外に出てガス会社に電話するだろう。ありがたいことに,人間の身体は多くの面で優れた順応力を示すのである。

 

要約

人間の身体は優れた順応力を発揮する。たとえば暗い所から明るい所に出た時,目は数分で完全に機能を取り戻す。私たちが重要な環境の変化に注意を集中させ,好機や危険を感知できるのは,順応力があるからである。(99字)

 

Summary

The human body is a master of adaptation on many levels.  For example, when we first move from darkness to light, we are unable to open our eyes fully, but after a few minutes we can function in it perfectly.  Adaptation allows us to attend to the important changes and become aware of opportunities and danger.   (56 words)

 

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事