スポンサーリンク

本文

CHAPTER 13

1            After the breaking of the medieval economic system in 15th-century Europe, artists’ attitudes toward their work changed.  Instead of being subjected to the regulated routine of a collective workshop, they were now often on their own and developed habits compatible with their newly acquired freedom.  Periods of intense and concentrated work alternated with unexpected lapses into inactivity.  For instance, a contemporary who saw Leonardo da Vinci working on The Last Supper describes how he stayed on the scaffolding from dawn to dusk without putting down his brush, forgetting to eat and drink, painting all the time.  Then for three or four days he would not touch his work and yet stay there gazing, sometimes for hours at a time, lost in contemplation.

2            Solitude and secrecy became the hallmark of many artists.  Michelangelo allowed no one ― not even the pope ― to come near him while he worked.  Another celebrated artist would seldom admit his friends, let alone other artists, to his studio.  His explanation was that one should never show one’s work to anybody before it was completed.  Why this insistence on creating in solitude? Apart from professional and artistic jealousies, it was the need for undisturbed concentration which made solitude necessary.  Goya, at the threshold of the romantic age, talked persuasively about looking into himself as a spiritual monologue.  It seems that this attitude is a sure sign of a highly developed individualism.  To the outsider, it might appear to be a self-centered demand for special consideration by the elect few.

3            More than once, Michelangelo gives us an insight into the problems with which he was deeply concerned.  The essence is expressed in the three lines of a poem: “Entire understanding none can have / Before he’s experienced the immensity / Of art and life.”  That experience can only be gained in isolation.  And isolation causes him agony.  A thread of suffering runs through many of his letters.  Already as a young man of twenty-two, he wrote to his father: “Don’t wonder if I have sometimes written irritable letters, for I often suffer great distress of mind and temper.”  And fifteen years later he complained about living in poverty, suffering “the greatest hardships and innumerable anxieties and dreads.”  At fifty, he reports to one of his closest friends about a dinner party:  “This gave me exceeding great pleasure, since it drew me forth a little from my melancholy, or my mad mood.”  Again, at the age of seventy-four:  “You will say that I am old and mad; but I answer that there is no better way of keeping sane and free from anxiety than being mad.”

4            There seems to be no doubt that absorption in self-reflection was a satisfying experience to an artist like Michelangelo.  But it would be wrong to believe, as is often done, that Michelangelo was an exception.  In actual fact, he had those traits of personality, enhanced and to excess, which we find in a number of Renaissance artists. (早稲田大 495語)

 

7.scaffolding「足場」

 

訳文

CHAPTER 13

和訳

1 15世紀のヨーロッパで中世の経済体制が崩壊した後,芸術家たちの自分たちの仕事に対する姿勢が変わった。集団での工房における,規制された決まりきった仕事に支配されるのではなく,その時には彼らは独立し(←1人になり),新たに獲得した自由にふさわしい(←自由と適合する)気質を身につけることが多かった。真剣で集中した仕事の時期と,予期しない無活動状態に陥ることが交互に訪れた。たとえば,レオナルド・ダ・ヴィンチが『最後の晩餐』に取り組んでいるところを見たある同時代の人は,彼が夜明けから夕暮れまで絵筆を下に置くこともなく足場の上に居続け,飲食も忘れて,ずっと描いていたと記している。その後3,4日の間,彼は自分の作品に手をつけようとせず,時には一度に何時間も,ずっとそこでめい想にふけって作品をじっと見つめていたという。

2 孤独と秘密主義は多くの芸術家の特徴となった。ミケランジェロは,仕事をしている間はだれ一人 - ローマ教皇でさえ - 自分の近くに来るのを許さなかった。また別の著名な芸術家は,他の芸術家は言うまでもなく,自分の友人でさえめったに仕事場に入れようとはしなかった。彼の説明では,完成するまでは決して作品を人に見せるべきではないということであった。なぜ,孤独の中で創造するということにこのように固執したのであろうか。・プロとしての,また芸術家としての嫉妬によって引き起こされた言動はさておき,孤独が必要だったのは,だれにもじゃまされずに集中する必要があったからだ(←孤独を必要としたのは,だれにもじゃまされない集中(専念)への欲求だった)。ロマン主義時代の最初期に,ゴヤは,精神の独白として,自分の内面をのぞき込むことについて説得力ある話をしている。こうした態度は,高度に発展した個人主義の確かなしるしであるように思われる。門外漢にはそれが,選ばれた小数の者たちによる,特別な配慮を求める身勝手な要求のように思われるかもしれない。

3 幾度となくミケランジェロは,自身が深く関わった問題への深い洞察を我々に示してくれている。その最も重要な部分は,ある詩の次の3行に表されている。「完全無欠の理解などだれにも(ありえ)ない/広大さを体験しないうちは/芸術と人生の」。そんな体験は孤独のうちにしか得られない。そして孤独は彼に苦悩をもたらす。一連の苦悩(←苦悩という全体を貫く要素)が彼の手紙の多くの箇所に見られる。すでに,22歳の若者のときに,彼は父親にこう書き送った。「私が時にいらだった手紙を書いたことがあったとしても,驚かないでください。私は心と気性のたいへんな苦悩をしばしば味わっているのですから。」そして15年後に彼は,「この上ない苦難と数え切れない心配事と恐怖」に苦しみながら,貧乏暮らしについて不満を述べた。50歳のときに,彼はある晩餐会について,親友の1人に次のように報告している。「晩餐会は私にとても大きな喜びを与えてくれた。私を憂鬱つまり乱心から少し引っ張り出してくれたんだからね。」またもや74歳では次のような具合だ。「君は私を年老いて常軌を逸していると言うだろうが,・正気を保ち,不安から解放された状態を保つのに,常軌を逸している以上に良い方法はないのだと私は答えよう。」

4 内省への没頭が,ミケランジェロのような芸術家にとって,満足のいく体験であったことは疑いの余地がないようだ。しかし,よく思われているように,ミケランジェロが例外であったと思うのは間違っているだろう。実際には,彼は過剰なまでに強化された(←強化された,しかも過剰なまでに強化された)あのような人格上の特徴を持っていたが,その特徴はルネサンス期の多くの芸術家に見出されるのである。

 

要約

ヨーロッパで中世からルネサンス期に時代が移ると,芸術家たちの作品に対する姿勢が,過剰なまでに孤独と苦悩を伴うものへと変貌を遂げていった。彼らには,だれにもじゃまされずに内省に没頭する必要があったのだ。(100字)

 

Summary

In 15th-century Europe, artists’ attitudes toward their work changed.  Instead of following the regulated routine of a collective workshop, they began to work in solitude.   Though isolation caused the artists agony, it was the need for undisturbed concentration which made solitude necessary.    (42 words)

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事