スポンサーリンク

本文

CHAPTER 16

1            The distribution of educational opportunity plays a key role in shaping human development prospects.  Within countries, governments and people increasingly recognize that unequal opportunities for education are linked to inequalities in income, health and wider life chances.  And what is true within countries is true also between countries.  Large global gaps in education reinforce the extreme divides between rich and poor nations in income, health and other aspects of human development.

2            The full extent of the gulf in opportunities for education is not widely appreciated.  Education is a universal human right.  However, enjoyment of that right is heavily conditioned by birth and inherited circumstance.  Access to education is greatly influenced by where one is born and by other factors over which children have no control, including parental income and nationality.

3            From a global perspective, being born in a developing country is a strong indicator for reduced opportunity.  School achievement, measured in terms of the average number of years or grade reached in education, is one (admittedly limited) measure of global inequality.  While almost all member countries of the Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD) have attained universal school achievement to grade 9, most countries in developing regions are far from this position.  At age 16, over 80% of the population of the OECD countries is in secondary school while one-quarter of sub-Saharan Africa’s population is still in primary school.  Four years later, at age 20, around 30% of the OECD population is in post-secondary education.  The figure for sub-Saharan Africa is 2%.

4            Striking as they are, these figures tell only part of the story.  One way of thinking about unequal opportunity is to consider the chance that a child born in one country will achieve a given level of education relative to a child born somewhere else.  The results are revealing.  They show that children in countries such as Mali and Mozambique have less chance of completing primary school than children in France or the United Kingdom have of reaching higher education.  The gulf in attainment is not restricted to sub-Saharan Africa.  Around one in five pupils entering primary school in Latin America and in South and West Asia does not survive to the last primary grade.

5            Global inequalities in education mirror inequalities in income.  The association is not coincidental.  While the relationship between education and wealth creation is complex, knowledge has an important influence on economic growth and productivity.  In an increasingly knowledge-based international economy, differences in educational opportunities are taking on more importance.  There is a growing sense in which today’s inequalities in education can be seen as a predictor for tomorrow’s inequalities in the global distribution of wealth, and in opportunities for health and employment.  The fact that in half the countries of sub-Saharan Africa the survival rate to the last grade of primary school is 67% or less is not irrelevant to prospects for overcoming the region’s marginalization in the global economy.(京都大 487語)

 

19.sub-Saharan  「サハラ砂漠以南の」

 

訳文

CHAPTER 16

和訳

1 教育機会の配分は,人の発達の可能性を決定づける上で重要な役割を果たす。各国国内では,政府も人々も,教育機会の不平等が,収入や健康状態やより幅広い人生の機会の不平等と結びついているということをますます認識するようになっている。そして国内で当てはまることは,国家間についても当てはまる。世界規模の大きな教育格差は,収入,健康,およびその他の人の発達に関する面で,豊かな国と貧しい国との間の極端な格差を増大させるのである。

2 教育機会の大きな隔たり(←溝)の全容は,多くの人々に正しく理解されているわけではない。教育は普遍的な人権である。しかしながら,その権利の享受は出生や受け継いだ境遇によって大きく左右される。教育が受けられるかどうかは,出生地によって,また,親の収入や国籍を含めた,子供にはどうすることもできないその他の要因によって,大きく影響されている。

3 世界的観点から見ると,発展途上国に生まれることは,教育機会の減少を表す(←減少した教育機会を表す)有力な指標である。・教育において達した(及んだ)平均的な年数や学年という観点から測られる就学期間の到達度は,(確かに限定的なものではあるが)世界全体の不平等を測る1つの指標である。経済協力開発機構(OECD)のほとんどすべての加盟国が,すべての子供を9学年まで学校に通わせるというところにまで達しているのに対して(←9学年までの全員の就学期間到達度を達成しているのに対して),発展途上の地域にあるほとんどの国々はこのような状況から程遠い。16歳の時点で,OECDの国々の人口の80%以上が中等学校に通っているのに対して,サハラ以南のアフリカの人口の4分の1がまだ初等学校に通っている。その4年後,20歳の時点で,OECD諸国の人口の約30%が中等教育修了後の教育を受けている。サハラ以南のアフリカでの数字は2%である。

4 ・これらの数字は際立っているが,事の一部しか伝えてはいない。機会不平等(←不平等な機会)について考える1つの方法は,ある国に生まれた子供がある一定の教育水準に達する可能性を,どこか他の場所で生まれた子供と比較して検討することである。結果は意味深いものである。マリやモザンビークといった国々の子供が小学校を終える可能性は,フランスやイギリスの子供が高等教育に達する可能性より低いということを,その結果は示しているのだ。到達度の隔たりはサハラ以南のアフリカに限った話ではない。ラテン・アメリカや南および西アジアでは,小学校に入る児童のおよそ5人に1人が小学校の最終学年まで残らないのである。

5 世界全体の教育の不平等は収入の不平等を反映している。この両者の関連は偶然の一致ではない。教育と富の創造との関係は複雑であるが,知識は経済成長と生産性に重大な影響力を持つ。ますます知識に基づくようになっている国際経済の中で,教育機会の差はこれまで以上に重要性を帯びつつある。教育における今日の不平等を,世界全体の富の配分や健康と雇用の機会における明日の不平等を予言するものだとみなすことができるという意識が,ますます強くなっている。サハラ以南のアフリカ諸国の半数で,小学校の最終学年まで残る率が67%,あるいはそれ以下であるという事実は,その地域の,世界経済の中での辺境化(= 世界経済の中で主流から外れていくこと)を克服できる可能性と無関係ではないのだ。

 

要約

教育機会の不平等は収入の不平等と結びつく。発展途上国は教育機会が少ない現状にあり,知識への依存がますます増えつつある国際経済の中では,世界的に見て教育格差はこれまで以上に重要性を帯びることになろう。(99字)

 

Summary

Unequal opportunities for education are linked to inequalities in income, health, and other aspects of human development.  From a global perspective, being born in a developing country is a strong indicator of less opportunity for education.  In an increasingly knowledge-based international economy, differences in educational opportunities are taking on more importance.      (51 words)

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事