スポンサーリンク

本文

CHAPTER 17

1            Nearly 100 years of linguistics research has been based on the assumption that words are just collections of sounds ― an agreed acoustic representation that has little to do with their actual meaning.  Yet a series of recent studies challenge this idea.  They suggest that we seem instinctively to link certain sounds with particular sensory perceptions.  Some words may evoke a round shape.  Others might bring to mind a spiky appearance, a bitter taste, or a sense of swift movement.

2            More than 2000 years ago, Plato recorded a dialogue between two of Socrates’s friends, Cratylus and Hermogenes.  Hermogenes argued that language is arbitrary and the words people use are purely a matter of convention.  Cratylus believed words inherently reflect their meaning ― although he seems to have found his insights into language disillusioning: Aristotle says Cratylus eventually became so disenchanted that he gave up speaking entirely.

3            The Greek philosophers never resolved the issue, but two millennia later a Swiss linguist seemed to have done so.  In the 1910s, using an approach based in part on a comparison of different languages, he set out a strong case for the arbitrariness of language.  Consider, for instance, the differences between “ox” and “boeuf,” the English and French words for the same animal.  With few similarities between these and other such terms, it seemed clear to him that the sounds of words do not inherently reflect their meanings.

4            The world of linguistics was mostly persuaded, but a few people still challenged this conviction.  In the 1920s a German psychologist presented subjects with line drawings of two meaningless shapes ― one spiky, the other curved ― and asked them to label the pictures either “takete” or “baluba.”  Most people chose takete for the spiky shape and baluba for the curvy one.  Though he didn’t say why this might be, the observation strongly suggested that some words really might fit the things they describe better than others.  His work, first published in 1929, did not attract much attention, and though others returned to the subject every now and then, their findings were not taken seriously by the mainstream.

5            The turning point came in 2001, when two American researchers published their investigations into a condition known as synaesthesia, in which people seem to blend sensory experiences, including certain sounds and certain images.  As many as 1 in 20 people have this condition, but the researchers suspected that cross-sensory connections are in fact a feature of the human brain, so that in practice we all experience synaesthesia at least to a limited extent.  To explore this idea, they revisited the 1929 research and found that an astonishing 95 percent of average people, and not just synaesthetes, automatically linked two different sensations.(九州大 453語)

 

訳文

CHAPTER 17

和訳

1 100年近くに渡る言語学の研究は,語というものは,単なる音の集まり - すなわち,語の実際の意味とはほとんど関係のない,合意によって決められた音の表記 - だという仮定に基づいてきた。しかし,最近の一連の研究は,この考えに異議を唱える。我々は本能的にある音を特定の感覚認識と結びつけるようだと,それらの研究は示唆しているのである。ある語は丸い形を喚起するかもしれないし,またある語は先のとがった外見や,苦い味,あるいは速い動きの感じを喚起させるかもしれない。

2 2000年以上前にプラトンは,ソクラテスの2人の友人クラテュロスとヘルモゲネスの対話を記録した。ヘルモゲネスは,言語は恣意的であり,人々が使う語は,単に取り決め(←協定)の問題だと主張した。クラテュロスは,語は本質的にその意味を映し出すと信じていた。ただし彼は,言語に対する自身の洞察が人に幻滅を与えるものだとわかったようである。クラテュロスは最後にはたいそう失望して,話すことを完全にやめてしまったとアリストテレスは言っている。

3 ギリシアの哲学者たちはこの問題を解決することは決してなかったが,2000年後にスイスのある言語学者がこれを解決したように思われた。・1910年代に,異なる言語の比較に一部基づいた研究方法を用いて,彼は言語の恣意性を裏付ける有力な論拠を説明した。たとえば,同じ動物を表す英語とフランス語の語,oxとboeufの違いを検討してみよ。こうした語と別の(言語の)そうした語の間には,ほとんど類似点がなかったので,語の音は本質的にその意味を映し出すものではないということは,彼には明白なことであるように思われた。

4 言語学の世界はほとんどが納得したが,少数の人たちは依然としてこの説に異議を唱えた。1920年代にあるドイツの心理学者が,被験者に2つの意味のない形状の線画 - 一方は先端のとがったもの,もう一方は曲線状のもの - を提示し,それらの絵に「takete」または「baluba」と書いたラベルを付けるように頼んだ。ほとんどの人が先端のとがった形には「takete」を,曲線状の形には「baluba」を選んだ。彼はいったいなぜこのようなことが起こったのかは言わなかったが,実際にこの観察は,ある語は他の語に比べて,よりそれが示す物事に適合する場合があることを強く示唆している。彼の研究は1929年に初めて発表されたが,大して関心を引くことはなく,ときおりこのテーマに戻る者もいたが,彼らの研究結果が主流派の人々に真剣に受け止められることはなかった。

5 転機は2001年に訪れた。この年に,2人のアメリカの研究者が,共感覚として知られる状態についての研究を発表した。その共感覚という状態の中で,人々はいくつかの感覚体験を結びつけ(←組み合わせ),その中には音とイメージも含まれるようなのである。20人に1人もの人がこの状態を経験しているが,2人の研究者は,感覚の交差した結びつきは,実は,人間の脳の特性であって,実際には我々はみんな少なくともある限られた程度で共感覚を経験するのではないかと考えた。この考えを探求するために,彼らは1929年の研究を再検討し,共感覚者だけでなく,普通の人の95パーセントという驚くべき数の人が2つの異なる感覚を無意識に結びつける,ということを発見したのである。

 

要約

単語は恣意的な音の表記であって実際の意味とは無関係だ,という考え方が言語学の主流を成してきた。しかし最近の研究は,我々は本能的にある一定の音を特定の感覚的な認識と結びつけるようだと,これに異義を唱える。(101字)

 

Summary

Nearly 100 years of linguistics research has been based on the assumption that words are just collections of sounds that have little to do with their actual meaning.  According to a series of recent studies, however, we seem instinctively to link certain sounds with particular sensory perceptions.           (47 words)

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事