スポンサーリンク

本文

CHAPTER 19

1            In the Ptolemaic system, and in the creation myth of the Bible, human beings were assigned a central position in the universe from which they were thrown out by Copernicus.  Ever since, scientists eager to drive the lesson home have urged us, resolutely and repeatedly, to abandon all sentimental egoism, and to see ourselves objectively in the true perspective of time and space.  What precisely does this mean?  Imagine a two-hour film which represents faithfully the history of the universe: the rise of human beings from the first beginnings of man to the achievements of the twenty-first century would be covered in it by a single second.  Or, if we decided to examine the universe “objectively” in the sense of paying equal attention to portions of equal mass, this would result in a lifelong preoccupation with interstellar dust, relieved only at brief intervals by a survey of the dazzlingly bright moment of a star’s birth or death ― not in a thousand million lifetimes would the turn come for giving human beings even a second’s notice.

2            It goes without saying that no one ― scientists included ― looks at the universe this way, whatever lip service is given to “objectivity”.  Nor should this surprise us.  For as human beings, we must inevitably see the universe from a center lying within ourselves and speak about it in terms of a human language shaped by the necessities of human relations; so that any attempt rigorously to eliminate our human evaluation from our picture of the world must lead to absurdity.

3            What is the true lesson of the Copernican revolution?  Why did Copernicus exchange his actual earthly station for an imaginary solar standpoint?  The only justification for this lay in the greater intellectual satisfaction he derived from the heavenly panorama as seen from the sun instead of the earth.  Copernicus gave preference to man’s delight in abstract theory, at the price of rejecting the evidence of our senses which present us with the irresistible fact of the sun, the moon, and the stars rising daily in the east to travel across the sky toward their setting in the west.  In a literal sense, therefore, the new Copernican system was as human-centered as the Ptolemaic view, the difference being merely that it preferred to satisfy a different human inclination.

4            It becomes legitimate to regard the Copernican system as more “objective” than the Ptolemaic only if we accept this very shift in the nature of intellectual satisfaction as the standard of greater objectivity.  This would imply that, of two forms of knowledge, we should consider as more objective that which relies to a greater measure on theory instead of on the more immediate evidence of our senses.  So that, the theory being placed like a screen between our senses and the things of which our senses otherwise would gain a more immediate impression, we would rely increasingly on theoretical guidance for the interpretation of our experience, and would correspondingly reduce the status of our raw impressions to that of unreliable or altogether misleading appearances.(中央大 509語)

 

訳文

CHAPTER 19

和訳

1 プトレマイオスの体系,そして聖書の天地創造神話では,人間は宇宙における中心的な地位を割り当てられたが,コペルニクスによって人間はそこから追放された。それ以来,その教訓を十分に理解させることに熱心な科学者たちは,あらゆる感情的な利己主義を捨て,時間と空間の正しい観点に立って自分自身を客観的に見よと,固い決意を持って繰り返し我々に促してきた。これは正確にはどういう意味なのであろうか。宇宙の歴史を忠実に描いている2時間の映画を想像してみよう。人類の最初の始まりから21世紀の業績にいたる人間の台頭は,その中でわずか1秒扱われるだけであろう。あるいは,等しい大きさの領域(←部分)に等しい注意を払うという意味で「客観的」に宇宙を調べることにするなら,星の誕生や死の目がくらむほど明るい一瞬を眺めることで一息つくことがほんの時折あるだけで,結局は一生かかって宇宙塵に没頭する結果に終わるであろう - 10億回生きたとしても,ほんの1秒すら人類に注目する順番がまわってくることはないであろう。

2 「客観性」について口先でどんないいことを言っても,だれも - 科学者も含めて - 宇宙をこのように見ていないことは言うまでもない。また,このことが我々を驚かせるはずもない。・というのは,人間として我々は必然的に,自分自身の中にある中心から宇宙を眺め,人間関係という必要不可欠なものによって作られた人間の言語で宇宙について語らざるをえないからだ。だから,我々の描く宇宙像から,我々人間の下す評価を厳密に排除しようとするいかなる試みも,不合理なものにならざるをえない。

3 コペルニクス革命の真の教訓とは何であろうか。なぜコペルニクスは,自分が現実にいる地球上の立ち位置を,想像上の,太陽にある立脚地点と取り換えたのであろうか。これに対する唯一の納得のいく説明は,地球からではなく太陽から見た場合の天空の全景から彼が得た,より大きな知的満足にある。コペルニクスは,太陽や月や星たちが毎日東から昇って空を横切り,西に向かって進んで沈むというあらがいがたい事実をつきつける,我々の感覚という証拠を拒絶するという犠牲を払って,抽象理論に対する人間の喜びを優先したのだ。従って,文字通りの意味で,新しいコペルニクスの体系は,プトレマイオスの見方と同じくらい人間中心的であり,その違いはそれが人間の異なった願望を満たす方を好んだということにすぎないのである。

4 コペルニクスの体系をプトレマイオスの体系より「客観的」であると見なすことが妥当となるのは,知的満足の性質におけるまさにこの変化を,より強い客観性の基準として我々が認める場合だけだ。このことは,2つの知識形態のうち,我々の感覚というより直接的な証拠に頼る方ではなく,理論により大きく頼る方を,我々はより客観的だと見なすべきだ,ということを示しているのであろう。だから,我々の感覚と,理論がなければ我々の感覚がより直接的な印象を得るであろう事物との間に,理論が介在するようになったので(←仕切りのように置かれたので),我々は自分の経験の解釈をますます理論的な手引きに頼るようになるであろうし,それに対応して,我々のありのままの印象の地位を,信頼できない,あるいはまったく人を誤らせる見せかけのものという地位へと引き下げることであろう。

 

要約

プトレマイオスの体系からコペルニクスの体系への転換は,直接的・感覚的な世界観から抽象的・理論的な世界観へという人間の知的満足の本質の変化であり,人間を中心とした見方であるという点ではどちらも同じである。(101字)

 

Summary

Since the Copernican revolution we have been urged to see ourselves objectively in the true perspective of time and space.  However, the true lesson of the revolution is that he gave preference to man’s delight in abstract theory, at the price of rejecting the evidence of our senses.  In this way the Copernican system was as human-centered as the Ptolemaic view.     (61 words)

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事