スポンサーリンク

本文

CHAPTER 20

1            Why have social anxieties increased so dramatically in many developed countries over the last half century, as one American psychologist’s studies suggest they have?  Why does the ‘social evaluative threat’ seem so great?  A reasonable explanation is the break-up of the settled communities of the past.  People used to grow up knowing, and being known by, many of the same people all their lives.  Although geographical mobility had been increasing for several generations, the last half century has seen a particularly rapid rise.

2            At the beginning of this period it was still common for people ― in rural and urban areas alike ― never to have travelled much beyond the boundaries of their immediate city or village community.  Married brothers and sisters, parents and grandparents, tended to remain living nearby and the community consisted of people who had often known each other for much of their lives.  But now that so many people move from where they grew up, knowledge of neighbours tends to be superficial or non-existent.  People’s sense of identity used to be rooted in the community to which they belonged, in people’s real knowledge of each other, but now it is lost in the facelessness of mass society.  Familiar faces have been replaced by a constant flow of strangers.  As a result, who we are, identity itself, is endlessly open to question.

3            The problem is shown even in the difficulty we have in distinguishing between the concept of the ‘esteem’ in which we may or may not be held by others, and our own self-esteem.  The evidence of our sensitivity to ‘social evaluative threat’, coupled with the American psychologist’s evidence of long-term rises in anxiety, suggests that we may ― by the standards of any previous society ― have become highly self-conscious, overly concerned with how we appear to others, worried that we might come across as unattractive, boring, ignorant or whatever, and constantly trying to manage the impressions we make.  And at the core of our interactions with strangers is our concern at the social judgements and evaluations they might make: how do they rate us, did we give a good account of ourselves?  This insecurity is part of the modern psychological condition.

4            Greater inequality between people seems to heighten their social evaluation anxieties by increasing the importance of social status.  Instead of accepting each other as equals on the basis of our common humanity as we might in more equal settings, measuring each other’s worth becomes more important as status differences widen.  We come to see social position as a more important feature of a person’s identity.  Between strangers it may often be the main feature.  As Ralph Waldo Emerson, the nineteenth-century American philosopher, said, ‘It is very certain that each man carries in his eye the exact indication of his rank in the immense scale of men, and we are always learning to read it.’  Indeed, psychological experiments suggest that we make judgements of each other’s social status within the first few seconds of meeting.  No wonder first impressions count, and no wonder we feel social evaluation anxieties!(一橋大 514語)

 

訳文

CHAPTER 20

和訳

1 あるアメリカの心理学者の研究が示唆するように,この半世紀に渡って,多くの先進諸国で社会不安が劇的に増大してきたのはなぜだろうか。なぜ「社会的評価の脅威(←社会の中でどのように評価されるかという脅威)」はこれほど重大に思えるのであろうか。納得のいく説明となるのは,過去の安定した共同体の崩壊である。人々は,生涯,多くの同じ人たちを知ったり,知られたりして,生長してきたものだ。地理的流動性(←自由に各地を移動できること)は何世代にもわたって増大していったが,この半世紀は特に急激に増大した。

2 この時期の初めのころには,人々が - 農村部でも都市部でも等しく - 隣接する都市共同体や村落共同体の境界を越えた遠い場所まで行ったことがないというのは,まだ普通のことであった。既婚の兄弟姉妹,両親,祖父母は近くで暮らし続ける傾向があり,共同体は,多くの場合,生涯の大部分にわたって互いに知り合いである人たちから成っていた。しかし,今や非常に多くの人々が自分の育った場所から離れていくので,隣人についての知識は表面的なものになるか,あるいは存在しなくなる傾向にある。かつて人々の自分というものに対する意識は,自分が属する共同体,すなわち,人々が互いを本当に知っているということに根ざしていたものだが,今では,それは大衆社会の「互いに顔を知らないこと」の中で失われている。なじみのある顔は,絶え間なく行き来する見知らぬ人たちによって取って代わられた。その結果,自分はだれなのかという自分というものそのものが際限なく疑問視されているのである。

3 ・その問題は,他者から受けることも,あるいは受けないこともある自分への「尊敬」の概念と,自分自身の自尊心という概念とを区別することの困難さにさえ表れる。我々が「社会的評価の脅威」に敏感であるという徴候は,例のアメリカの心理学者が言う長期的に不安が増大しているという徴候と結びついて,我々が - 過去のどの社会の基準によっても - ひどく人目を気にするようになり,自分が他者にどう見えているかを過度に心配し,自分は魅力がないとか,退屈だとか無知だとか,そんなふうに思われているかもしれないと心配し,そして,絶えず自分が与える印象をうまく操ろうと試みてばかりいるということを示唆している。そして,我々の見知らぬ人たちとの交流の核心には,彼らが下すかもしれない社会的な判断や評価に対する不安があるのだ。彼らは我々をどう評価するのだろうか,我々はうまくやれただろうかといった不安だ。この不安感は現代の心理状態の一部である。

4 人々の間の不平等が拡大すると,社会的地位の重要さが高まることによって,人々の社会的評価に対する不安は高まるようである。・もっと平等な状況であればそうするであろうように,我々の共通の人間性に基づいて互いを対等なものとして受け入れるのではなく,地位の違いが広がるにつれて,互いの価値を測ることがより重要になる。我々は社会的地位を,その人本人のより重要な特徴と見なすようになる。見知らぬ人々の間では,しばしば社会的地位が(その人を評価する)主な特徴かもしれない。19世紀のアメリカの哲学者,ラルフ・ウォルドー・エマソンが言ったように,「各人が,人間についての膨大な尺度の中で,その人の地位に関する正確なしるしを目で伝え,そして私たちは絶えずそれを読み取ることを学んでばかりいるということは明白」なのである。実際,心理学の実験は,我々は会った最初の数秒以内に互いの社会的地位を判断するということを示唆している。第一印象が重要なのも当たり前,我々が社会的評価の不安を感じるのも当たり前だ!

 

要約

先進諸国で社会不安が増大しているのは,かつての自己認識が大衆社会の匿名性の中で失われ,社会的地位によって互いの価値を測ることがより重要になって,他人の下す社会的評価への不安が高まってきたからである。(99字)

 

Summary

Social anxieties have increased dramatically in many developed countries because of the break-up of the settled communities of the past.  Our sense of identity has been lost in the facelessness of mass society, and we have come to see social position as a more important feature of a person’s identity.  No wonder we feel social evaluation anxieties!    (57 words)

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事