スポンサーリンク

本文

Lesson 19
The following charts show the types of transportation that are used in four cities. Cars are the favored means in City A, where the city administration has chosen to spend money on roads and buildings rather than on public transportation systems. In City B, on the other hand, more than half the commuters depend on bicycles, because there is not enough space to park cars. In City C, more than one-third of the people use trains, while one-fifth use the subway. Like City C, City D shows a fairly good balance in the numbers of commuters using the different types of transportation. However, unlike City C, City D was designed for automobiles, so the proportion of drivers is over three times that of City C.
Several problems have occurred in places where the number of people who drive in the city has increased in recent years. One problem is heavy traffic jams, especially during rush hours. Another problem is the air pollution caused by automobiles.
City A is trying to solve the problem of the traffic jams by introducing a "Park-and-Ride" system in areas close to the city. Drivers will be able to park at a train or bus station near their homes and then continue their journey into the city using public transportation. Additional parking spaces are to be created around these stations. Such a solution as City A's will lead to far fewer traffic jams, greater commuters' satisfaction, and a cleaner environment.

訳文

Lesson 19 都市で異なる交通システム社会
全訳
次の図表は4つの都市で使われている交通機関の種類を示している。車は都市Aで好まれている手段であり,そこでは都市行政が公共交通機関よりもむしろ道路や建物にお金を使うように決めてきた。一方,都市Bでは通勤・通学者の半分以上が自転車に頼っている。というのも,駐車するための十分な場所がないからである。都市Cでは人々の3分の1以上が電車を使い,5分の1が地下鉄を使う。都市Cと同様に,都市Dは様々な種類の交通機関を使用している通勤・通学者の数でかなりよいバランスを示している。しかしながら,都市Cとは異なり,都市Dは自動車のために設計された。それで車を運転する人の割合が都市Cの3倍以上になる。
都市で車を運転する人の数が近年増加してきているところでは,いくつかの問題が起こっている。1つの問題は,特にラッシュ時間帯の深刻な交通渋滞である。もう1つの問題は,自動車によって引き起こされる大気汚染である。
都市Aは,隣接した地域に「パーク・アンド・ライド」システムを導入することによって交通渋滞の問題を解決しようと試みている。車を運転する人たちは,自分の家の近くにある電車の駅やバス停で駐車し,それから公共交通機関を使って都市への行程を続けることができるだろう。追加の駐車場がこれらの駅の周囲に作られることになっている。都市Aのような解決策は,はるかに少ない渋滞,より大きな満足,そしてよりきれいな環境へとつながるだろう。

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事