スポンサーリンク

本文

Lesson 9
Researchers from the Occupational Psychology Association (OPA) interviewed 100 workers in each of four occupations: nurses, air traffic controllers (ATCs), computer programmers, and junior high school teachers. The workers were asked about the kinds of stress symptoms they had and how they dealt with stressful situations.
The four types of stress symptoms mentioned most often were high blood pressure, overeating, depression, and sleeplessness. The OPA researchers found that workers in the different occupations reported different frequencies of these stress symptoms.
The nurses reported that they ate more when they felt stressed. The ATCs were more affected by high blood pressure than other disorders. Many of the computer programmers tended to feel nervous and anxious. The teachers reported that they could not sleep well.
The researchers found that workers used five main methods to fight stress both at work and at home. They were interested in how these ways of fighting stress differed in the four occupations. The figure below shows how people in the four occupations relieved stress.
The nurses interviewed claimed that talking to others and shopping were their usual ways to relieve stress. They also said that they liked listening to music from time to time. The ATCs claimed that the responsibility for hundreds of lives on the job put a lot of pressure on them. They relieved this stress by shopping or sleeping, and when possible by playing sports. The computer programmers preferred sleeping and playing sports as the best ways to escape the effects of stress. They said that shopping, talking to others, and listening to music were less frequently used methods of stress relief for them. The teachers preferred talking with other teachers and listening to music, particularly classical music, as the best ways to relieve stress.

訳文

Lesson 9 ストレス解消法 社会
全訳
職業心理協会(OPA)の研究者たちは,看護師,航空管制官,コンピュータ・プログラマー,中学校教師という4つの職業で働くそれぞれ100名の人たちと面接した。その労働者たちは,自分たちが感じているストレス症状の種類と,ストレスの多い状況にどう対処しているかを尋ねられた。
最も多く挙げられた4つの種類のストレス症状は,高血圧,過食,うつ状態,それに不眠であった。OPAの研究者たちは,職業が異なるとこれらのストレス症状の頻度が異なって報告されるということを発見した。
看護師は,ストレスを感じるとより多く食べると報告した。航空管制官は,他の不調よりも高血圧の症状が出ることが多かった。コンピュータ・プログラマーの多くは,緊張して不安になる傾向があった。教師はよく眠れないと報告した。
研究者たちは,働く人たちが職場でも家庭でもストレスと戦うのに5つの主な方法を用いていることがわかった。研究者たちは,ストレスと戦うこれらの方法が4つの職業でどのように異なるかに興味を持った。次の図表は,4つの職業の人たちがどのようにストレスを解消したかを示している。
面接を受けた看護師たちは,他人とおしゃべりしたり,買い物をしたりするのが通常のストレス解消法だと述べた。時には音楽を聴くのも好きだとも述べた。航空管制官たちは,仕事上何百人という人たちに対して責任を持つことが多大な重圧になると述べた。彼らはこのストレスを買い物か睡眠によって,また可能なときにはスポーツをして解消していた。コンピュータ・プログラマーたちは,ストレスの影響から逃れるための最良の方法として睡眠とスポーツを好んでいた。彼らは,買い物とか,他人とおしゃべりすることとか,音楽を聴くことは,自分たちとしてはストレス解消のためにはさほど使わない手段であると言った。教師たちは,他の教師たちと話をすることと音楽,特にクラシックを聴くことをストレス解消の最良の方法として好んでいた。

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事