スポンサーリンク

本文

Lesson 16
When reading a daily newspaper, you should begin by looking over the headlines and reading the summaries of the news of the day. Many newspapers have organized their pages to help you do just that. For example, the front page of The Wall Street Journal has summaries of the main stories of the day on business,finance, and world news. By reading these first, you get a general idea of the most important news as well as the section and page where you can find more information about each story. Many other newspapers provide similar outlines for the day's top stories. Furthermore, each specific section of many newspapers has brief summaries of the main stories in slightly more detail. By reading through them quickly, you can take advantage of this valuable information. Even if you do not read every story, you can get most of the major news in just a few minutes. If your newspaper does not include summaries, read the headlines on the first page of each section.
Newspapers are well designed for speed readers. They use narrow columns that allow you to read a whole line or two at a glance. Also, newspaper stories use a style of writing in which the most essential information is presented in the first few paragraphs, while less important details are found later in the article.
Your purpose and interests should determine how much of the story you read past the first few paragraphs. For example, suppose you are reading the sports section and there is a story about a baseball game. If all you care to know is the result of the game and you read the headline “Home Team Wins Again,” you do not need to read any further in the story. However, a true fan wants to know such details as who hit the winning run, who the losing pitcher was, or how many errors were made. Your purpose determines what you need to read and,therefore, the amount of information you need to read.

訳文

Lesson 16 新聞の読み方 文化

全訳
日刊紙を読むときは,見出しにざっと目を通してその日のニュースの要約を読むことから始めるべきだ。多くの新聞が,あなたがまさにそれをするのに役立つように紙面をまとめ上げてくれている。例えば『ウォール・ストリート・ジャーナル』の第1面にはビジネス,金融,世界のニュースに関するその日の主な記事の要約がある。これらを最初に読むことによって,それぞれの記事に関するより多くの情報を見つけることのできる欄やページはもちろんのこと,最も重要なニュースの概要がわかるのである。他の多くの新聞も,その日のトップ記事に,同じような概略を提供している。さらに,多くの新聞のそれぞれの特定の欄には,中心となる記事のもう少しだけ詳細な短い要約がある。それに素早く目を通すことで,この価値ある情報を利用することができる。たとえすべての記事を読まなくても,たった数分間で主要なニュースの大部分を理解することができるのだ。もしあなたの新聞が要約を含んでいないならば,それぞれの欄の最初のページにある見出しを読みなさい。
新聞は速読する人に便利なように設計されている。新聞は,一目でまるごと1行か2行を読むことができる細い縦の列を使っている。さらに,新聞の記事は,最も本質的な情報が最初の数パラグラフで提示され,あまり重要でない詳細は記事の後の方に出てくるという書き方を採用している。
あなたの目的と興味によって,最初の数パラグラフを越えてどれだけ読むかが決まるはずだ。例えば,あなたがスポーツ欄を読んでいるところで,野球の試合についての記事があるとしよう。もしあなたが知りたいのが試合の結果だけで,「地元チームが再び勝利」という見出しを読めば,その記事をそれ以上読む必要はない。しかしながら,本物のファンは誰が決勝点を打ったのか,誰が負け投手か,どれだけエラーがあったかというような詳細を知りたいと思う。目的によってあなたが何を読む必要があるかが決まり,従って,あなたが読む必要のある情報量が決まるのである。

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事