スポンサーリンク

本文

Lesson 18
Monuments that are made of great stones, called megaliths, can be found all over the world, including Japan. Many groups of ancient peoples set up such enormous stones at right angles to the ground. In some cases, two vertical stones support a third stone that was placed across the top. Although many of these ancient monuments around the world are similar, most scholars believe that they were constructed independently of each other. Yet some people wonder whether they were built by a race of wise people who somehow influenced the entire world 4,000 years ago. Some even imagine that the megalith builders were voyagers from outer space. Most now believe that the similarities exist only because the megaliths were built of a similar material, stone, and in a similar manner. However, the questions still remain: Who built these rock structures, and why did they build them?
Stonehenge in southern Britain is one of the most famous and interesting megalithic monuments. Stonehenge consists of a ring of megaliths surrounded by a ditch and a bank of dirt. Within this large bank, many holes were dug, also in a circle.
There is no reason easily understood for this pattern. Scholars now believe that many megalithic structures like Stonehenge were burial places, meeting places, temples, and even stadiums. Stonehenge, however, has something about it that makes it special. At dawn on the longest day of the year in midsummer, the sun shines directly through one row of the stone monuments. This particular row of megaliths divides the circle of stones directly in half ― it is the central line of Stonehenge. This fact interests scholars because it may show that these early builders knew more of the movements of the sun and even the universe than the historians had previously thought.
Is it possible that such wise and intelligent people lived more than 4,000 years ago? Were they the first people to study the universe? Scientists may never know the answers to these questions, but the study of Stonehenge and similar stone monuments continues. Perhaps there is more for modern society to learn from these structures.

訳文

Lesson 18 巨石の遺跡 文化・歴史
全訳
巨大な石で作られたメガリスと呼ばれる遺跡は,日本を含めて世界中で見られる。多くの古代民族の集団が,これらの巨大な石を地面に垂直に建てたのだ。中には,2つの垂直の石が,それらの上に渡して置かれた3つ目の石を支えている場合もある。世界中にあるこういった古代の遺跡の多くは似ているが,たいていの学者はそれぞれが別々に建てられたのだと信じている。しかし,それらは4000年前に何らかの方法で世界全体に影響を与えた賢いある民族によって建てられたのではないかと考える人もいる。中には,巨石の遺跡を建てたのは宇宙からの旅行者たち(voyagers)だと信じる人さえいる。今では,たいていの人たちは,類似性が存在するのは単にそれらが同じような素材,つまり石で,同じような様式で建てられているためであると信じている。しかしながら,疑問点はまだ残っている。つまり,誰がこれらの石の建造物を建てたのか,なぜそれらを建てたのかということである。
英国南部にあるストーンヘンジは,最も有名で興味深い巨石遺構の1つである。ストーンヘンジは堀と土手に囲まれている円形に並んだ巨石で構成されている。この大きな土手の中には多くの穴が,これも円形に掘られている。
なぜこの形なのか,理由は簡単にはわからない。学者たちは今では,ストーンヘンジのような巨石遺構の多くは,墓場であり,集会場であり,寺院であり,競技場ですらあったと信じている。しかしながら,ストーンヘンジにはそれを特別なものにしていることがある。夏至のころの1年で最も日が長い日の夜明けに,太陽の光が巨石建造物のある1列にまっすぐに差し込む。巨石建造物のこの特別な1列は,巨石の円をまっすぐに二分する。それはストーンヘンジの中心線なのである。学者たちはこの事実に興味を持っている。というのは,このことは,これらの昔の建造者たちが太陽の動きについて,さらには宇宙の動についてさえも,歴史家たちが以前に考えていたよりもよく知っていたということを示しているかもしれないからである。
そのような賢く知的な人たちが4000年以上も前に存在しえたのであろうか。その人たちは宇宙を最初に研究した人たちだったのであろうか。科学者たちはこれらの疑問に対する答えを知ることはないかもしれないが,ストーンヘンジやそれに類似した石の建造物の研究は続くのだ。ひょっとすると,これらの建造物から現代社会が学ぶことがもっとあるかもしれない。

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事