スポンサーリンク

本文

Lesson 7

Many of us do not allow enough time for eating. We eat too quickly, which is not healthy. When you eat too quickly, you tend to overeat. Eating slowly helps your body's digestive process. It also helps you to know when you are full and gives you a chance to really taste and enjoy what you are eating.
Sometimes eating large amounts of food even when you are not hungry is a symptom of an unsolved emotional problem. If you are unhappy, frustrated, or angry, try exercising rather than eating. This will help to avoid establishing bad eating habits.
There are many special diets for losing weight. Some are safe and do not endanger your health and well-being. Others range from inadequate to dangerous. Long-term success in losing weight is based on slow, gradual weight loss and the formation of good eating habits. Of course, when a safe plan for regular exercise is combined with a safe diet plan, weight loss is easier to achieve.
A safe weight-loss plan includes the minimum number of servings of foods from the vegetable-fruit group, the milk-cheese group, the meat-poultry-fish-beans group, and the bread-cereal group. If the diet does not include foods from one or more of these groups, it is lacking in important nutrients and may be dangerous to your health.
A safe weight-loss plan does not have fewer than 1,200 kilocalories per day. Fewer than 1,200 kilocalories generally means that there is not enough food in the diet to provide an adequate amount of nutrients. Too few calories can upset body functions and cause you to lose muscle tissue. Health experts recommend that you do not lose more than 1 1/2 to 2 pounds per week.
Research has indicated that a weight-loss plan is more effective when food intake is spread throughout the day with little or no intake after the evening meal. Apparently, the body makes better use of the food and burns calories more efficiently when your food intake is spread out. A morning meal is particularly important because it provides the energy needed for a good start on the day. Eating at midday is important for energy throughout the afternoon, but unless you are very active in the evening, a light supper and limited snacks are better for you at night.

訳文

Lesson 7 健康的なダイエット
全訳
私たちの多くは,食事に十分時間を充てることができない。私たちはふだんあまりにも速く食べるが,それは健康にはよくない。必要以上に速く食べると,食べ過ぎる傾向がある。ゆっくり食べることは体の消化作用を助けてくれる。それはまた,いつ満腹になるかを知るのに役立ち,食べているものを本当に味わい,楽しむ機会を与えてくれるのだ。
空腹でない時ですら,大量の食物を食べることは,時に,未解決の情緒面の問題の兆候となっていることもある。もしあなたが不満を持っていたり,いらいらしていたり,怒っているならば,食べるよりも試しに運動してみなさい。こうすれば,悪い食習慣が身につくのを避ける役に立つだろう。
体重を落とす特別な食事療法が数多くある。安全で,健康と幸福を危険にさらすことのないものもあれば,不適切なものから危険なものまである。体重を落とすことに長期間にわたって成功することは,ゆっくりと徐々に体重を落とし,よい食習慣を形成することに基づいているのだ。もちろん,安全な定期的運動計画が,安全な食事療法計画と組み合わされると,減量はより簡単に達成できる。
安全な減量計画は,野菜-果物群,牛乳-チーズ群,肉-鶏肉-魚-豆群,そしてパン-穀物群のそれぞれに入る食物を最小品目数含んだものになっている。もしこれらのうち1つ以上の食物群の食物が食事に含まれていないなら,その食事は,重要な栄養素を欠いていることになり,健康にとって危険なものとなるかもしれない。
安全な減量計画では,1日あたり(の摂取カロリーが)1,200kcalを切ることはない。1,200kcal未満になると,一般的に言って,適切な量の栄養素を供給してくれる食物が食事の中に十分入っていないことになる。カロリーが少なすぎると,身体機能が狂い,筋肉組織を失う原因になる。健康の専門家は,1週間当たり11/2から2ポンド以上体重を減らさないように推奨している。
調査が示したところによると,減量計画は,夕食後にはほとんどあるいはまったく食料を摂取せず,1日を通じて食物摂取を分散させると,より効果的だということだ。どうやら身体は,食物摂取が分散された時の方が,食物をよりうまく利用でき,より効率的にカロリーを燃やせることになるようだ。朝食は,1日のよい始まりのために必要なエネルギーを与えてくれるので,とりわけ重要である。正午に食事をすることは,午後を通したエネルギーのために重要である。しかし,夜間にさほど活動しない限り,夜は軽い夕食やちょっとした軽食にする方がよい。

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事