スポンサーリンク

本文

Lesson 20 対立
The key to effective confrontation is to be firm yet gentle and respectful. Approach the confrontation with the assumption that there is a solution and that you will be able to work things out. Rather than assessing blame and assuming fault, try to see the innocence in yourself as well as in the other person. Rather than using phrases that are almost guaranteed to bring out a defensive response such as, "You've made a big mistake and we need to talk," try instead to say things with a little more humility, something like, "I'm a little confused about something ― can you help me out?"
More important than the words you use, however, are your feelings. It's not always possible, but when it is, try to avoid confrontations when you're angry or stressed out. It's always best to wait a little while until you get your perspective, or until your mood rises. Keep in mind that most people are reasonable, respectful, and willing to listen when dealing with a calm, collected person who is speaking honestly from his heart.
When you approach your confrontations in a gentle manner, it not only produces more effective results, but it keeps your own stress level down as well. In other words, a gentle spirit is a relaxed spirit, even when it has to do something that is normally considered difficult. There is something very comforting about knowing that you're going to remain cool regardless of what you must do. In addition, you'll have fewer battles to fight, and those that you do have will be shorter and less severe. You'll receive more cooperation and respect from others and, perhaps most importantly, your own thoughts and feelings will be much nicer.
The next time you confront someone, for whatever reason, I hope you'll consider doing it a little more gently. If you'd like your life to seem less like a battle, this is an excellent place to start. [323語](total 642 words)

 

訳文

Lesson 20      「心構えが大切」2

《全訳》 効果的な衝突のカギは,確固たる態度をとりつつも穏やかにしてしかも相手を尊重する(心構えでいる)ことである。解決策はある,事態はうまく解決できる,という前提に立って,人との衝突に取り組みなさい。責任の程度を査定したり,落ち度を当然のこととして決めてかかったりするのではなく,相手にも自分にも悪意がないことを考えるようにしなさい。相手の防御的な反応を引き出すことがほぼ決まっているような,たとえば「大きなミスをしたね。話がある」というような言葉遣いをするのではなく,代わりに,もう少し謙虚さをもって,「あることでちょっとまごついているんだ。手伝ってくれるかい」というようなことを言うようにしてみなさい。

しかしながら,用いる言葉より重要なものは感情である。いつも可能とは限らないが,可能であれば,怒っている時やストレスでまいっている時は衝突を避けるようにしなさい。見通しを得るまで,あるいは気分がのってくるまで,少しの間待つのが常に最上の策である。心に留めておいて欲しいのは,心から正直に話をしている,穏やかで落ち着いた人を相手にする場合には,たいていの人が,道理をわきまえ,相手を尊重し,喜んで耳を傾けるということである。

穏やかな態度で自分の衝突に取り組めば,より効果的な結果を生むだけでなく,自分自身のストレスのレベルを低くしておくことにもなる。言い換えると,穏やかな態度はくつろいだ態度なのである    ふつうなら困難と考えられることをしなければならないときでさえも。(4)何をしなければならないかに関係なく自分は冷静でいられるとわかっていることには,とても励みになるものがある。そのうえ,戦わなければならない戦いも減り,実際に行なう戦いも,短時間で,それほど厳しいものにならないで済むだろう。他人からより多くの協力や敬意が得られるようになり,そしてこれはおそらく最も重要なことだが,自分の考え方や気分がはるかによくなるだろう。

次に誰かと衝突するときは,どのような理由であっても,もう少し穏やかにするようよく考えていただきたい。自分の人生が戦いのようではなく思える人生であってほしいと思うなら,ここから始めてみるとよいだろう(←これがすばらしい出発地点である)。    

《要約》 断固たる態度をとりつつも,相手を尊重し,衝突を穏やかなものにする言い方やタイミングを選び,何よりも,穏やかな心構えでいることが大切である。  

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事